専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

“夢のダルvs大谷翔平”は実現せず。「拍子抜けした」とダルビッシュ有は対戦お預けに落胆?

THE DIGEST編集部

2021.09.09

日本ハム、いや日本が誇る伝説プレーヤーのダルビッシュ(右)対大谷(左)の対戦はお預け。“先輩”ダルも少し残念?(C)Getty Images

日本ハム、いや日本が誇る伝説プレーヤーのダルビッシュ(右)対大谷(左)の対戦はお預け。“先輩”ダルも少し残念?(C)Getty Images

 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有は現地時間9月8日、本拠地で行われたロサンゼルス・エンジェルス戦に先発すると、6回3安打1失点、1四球7奪三振の好投で今季8勝目をマーク。6月21日以来、約3ヵ月ぶりの白星を手にした。

 悪夢の7連敗という自己ワースト級の苦しみが続いた中、この日は初回を3者連続三振スタートと最高のスタートを切ると、4回に1点を失ったものの無難に6回を投げ切って見事に勝利投手となったのだ。

【画像】“日本最強”・大谷&ダルの最高すぎる2ショットがこれだ!
 もっとも、ダルビッシュの投球以上に注目されたのは、後輩・大谷翔平との対決が実現するのかどうかだっただろう。ナ・リーグ球場はDH制がないため、大谷は2試合連続ベンチ待機。日本ハムで同じ背番号11を背負い、球界を沸かせ続けた両者の対戦はまさに“夢のマッチアップ”だったはず。

 しかし、大谷は試合を通じて出場することなく、夢は幻に終わった。ファンがガッカリしただけでなく、ダルビッシュ本人も試合後に「(代打で)来るもんだと思っていた」と語り、その表情はやや残念さも漂わせていた。もし大谷が打席に立った場合は「全部まっすぐでいく準備もできていたんですけど」と“計画”もあっただけに、「ちょっと拍子抜けした」という。

 このカードは今季で見納め。早くても来季まで実現することはい。前日にはMLB公式が「日本のレジェンド」として紹介したダルビッシュ&大谷の“最強対決”は、ぜひ一度は見たいものである。

構成●THE DIGEST編集部 

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング