専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「二刀流の難しさは誰も理解できない」“受賞ラッシュ”の大谷翔平を同僚ウォルシュが称賛!「オオタニは驚異的だ」

THE DIGEST編集部

2021.11.13

投打で強烈な存在感を放った大谷。元二刀流のウォルシュも賛辞を送っている。(C)Getty Images

投打で強烈な存在感を放った大谷。元二刀流のウォルシュも賛辞を送っている。(C)Getty Images

 オフシーズンも“受賞ラッシュ”で話題を提供し続ける大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。今季見せたその快進撃にはチームメイトも感嘆するばかりだ。

【動画】全46本塁打を一挙振り返り!歴史を築いた大谷翔平の活躍をプレーバック

 現地11月11日、米ラジオ局『MLB Network Radio』の公式Twitterは、ジャレッド・ウォルシュのコメントを掲載。文面に「ショウヘイ・オオタニは驚異的だ。トップ左打者としてのパワー、そして同時にメジャーの投手をこなすのがどれだけ難しいか、地球上の誰も理解できないだろう。もちろん、この男は別だけどね」と称賛の言葉が記されている。

 また、公開された音声では、同僚として「心に響いたもの」を聞かれたウォルシュが、「例えば、フィールド全体にボールを走らせる圧倒的なパワーだね」と回答。「今年は彼の四球数が急増したように思う」と続け、「みんなが彼に投げるのを恐れたからだと思うけど、この選球眼はかなり向上したように感じる」と近くから見た印象を話した。
 
 2019年には“二刀流”として5試合に登板した経験があるウォルシュ。最後はインタビュアーに「二刀流に戻りたいと思ったことはあるか?」を問われると、ユーモアを交えながら次のように回答している。

「気持ち的にはあるよ。ピッチャーとして(打者と)1対1の戦いになるし、試合のテンポをコントロールできるからね。ただ、体力的なことを考えると(二刀流としてのプレーは)望まない。打撃と一塁手としてのパフォーマンスでも体に負担がかかるし、もうマウンドには上がりたくないよ」

 圧倒的パフォーマンスでチームメイトさえ魅了する大谷。各ポジションの傑出した打者に送られる「シルバー・スラッガー賞」のアメリカン・リーグ指名打者部門で初受賞を飾っており、今後も同リーグMVPの行方を含めて目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング