専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

普段の2.5倍の観客が大谷翔平に熱視線! マイアミを熱狂させた“二刀流”に反響止まず「狂気的な偉業を成功させた」

THE DIGEST編集部

2022.07.07

マーリンズ打線を見事に牛耳った大谷。その快投に対する賛辞が止まらない。(C)Getty Imagess

マーリンズ打線を見事に牛耳った大谷。その快投に対する賛辞が止まらない。(C)Getty Imagess

 一挙手一投足に熱視線が向けられた。現地時間7月6日に敵地で行なわれたマイアミ・マーリンズ戦に先発登板した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。

 今季14度目の先発登板を果たした偉才のパフォーマンスは図抜けていた。投げては7回(100球)、被安打2、10奪三振で8勝目(4敗)をマーク。打っても3打数1安打(1四球)、1盗塁を記録。逆転となる2点タイムリーを放つなど、チームの連敗を食い止める活躍ぶりだった。

 連勝が「6」で止まり、勝てば勝率を5割に戻せただけに、マーリンズにとっては痛恨の完敗であった。だが、打って、走って、そして投げてと随所で活躍した大谷の“独演”を目の当たりにした地元ファンにとっては、かけがえのない時間になったはずだ。

 もっとも、戦前から注目度の高さは凄まじかった。それは数字が物語っている。開催地となったローンデポ・パークにおける今季水曜日の平均観客動員数は7950人だったのだが、この試合はそれを大きく上回る1万8741人を動員したという(米放送局『CBS Sports』)。
 
 通常のおよそ2.5倍の観客が期待を寄せた一戦で、それに応えるようなプレーを披露した28歳のサムライ。敵エースながらマイアミを熱狂させた男には現地メディアの賛辞も尽きない。

 米スポーツ専門メディア『Clutch Points』は、打点が公式記録となった1920年以降で、史上初めて「1試合で10奪三振+2打点+1盗塁」とやってのけた大谷について「もはや狂気的な偉業を成功させた」と絶賛。さらにマイアミの地元紙『El Nuevo Herald』は「ショウヘイの力は存分に発揮された」として、こう続けた。

「メジャーで唯一無二であるショウヘイ・オオタニの投球に、普段よりも多くの観客が、ホームチームの選手をそっちのけで、うっとりとした様子で見入ってしまっていた。彼は間違いなくセンセーショナルな日本人だ」

 試合後にマーリンズを率いるドン・マッティングリー監督が「強力なストレートと自分の思った通りに操れる変化球をいくつか持っていた。あれを打ち崩すのは難しい」と脱帽した大谷のピッチング。それに対する反響はしばらく収まりそうにない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平、また史上初の偉業! “野球の神様”ルースもできなかった記録とサイ・ヤング級の記録をW達成

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

【関連記事】60本ペースで打ちまくるジャッジのMVP獲得論に待った! 米メディアが「断言するのは早すぎる」と大谷翔平に太鼓判
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング