専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

絶好機を逸した大谷翔平の“ミス”が波紋! 米番記者は「オオタニの走塁は無意味だった」と辛辣意見

THE DIGEST編集部

2022.08.14

ライナー性の打球に、思わず飛び出してチャンスを潰してしまった大谷。“偉才”が犯した珍しいミスに批判の声が上がった。(C)Getty Images

ライナー性の打球に、思わず飛び出してチャンスを潰してしまった大谷。“偉才”が犯した珍しいミスに批判の声が上がった。(C)Getty Images

 絶好機を逸してしまうワンプレーだっただけに、批判の声が上がっている。現地時間8月13日に本拠地で行なわれたミネソタ・ツインズ戦で大谷翔平が見せた走塁だ。

 この試合に「2番・DH」で先発出場した大谷は、0対3と負けていた8回裏の第4打席に26号アーチをマーク。これが呼び水となって、勢いが生まれた打線は9回裏に2死一、二塁からマグネウリス・シエラのタイムリースリーベースで同点に追いついた。

 アメリカン・リーグ中地区で首位に立つ強敵に粘りを見せ、球場全体のボルテージも高まった。問題のシーンが起きたのは、そうしたムードが高まるなかでの一瞬だった。

 延長10回裏、申告敬遠で歩かされた大谷を一塁に置き、エンジェルスは1死一、三塁の絶好機を創出した。迎えるバッターは3番のルイス・レンヒーフォ。一打で出れば、サヨナラという場面で期待値は自然と高まっていた。

 そして、ここで一塁上の大谷は仕掛ける。初球にいきなりスタートを切ったのだ。すると、打席のレンヒーフォは相手投手エミリオ・パガーンが投じた初球、97.3マイル(約156.5キロ)の4シームをセンターへと弾き返す。だが、この痛烈な当たりを相手中堅手バイロン・バクストンが飛び込みながらキャッチ。二塁ベースの手前まで来ていた背番号17は、急いで帰塁するも、送球の方が早く、あえなくダブルプレーとなった。
 
 もちろん、バクストンの好捕があってこそではある。レンヒーフォの痛烈な打球を華麗に捕り、そこからの正確な一塁への送球も見事。さすがゴールドグラバー(2017年に受賞)というファインプレーだった。

 しかし、だ。大谷の走塁死がいただけないものだったのは間違いない。米メディアでも痛烈な批判の声も寄せられており、『The Athletic』のエンジェルス番を務めるサム・ブラム記者は「オオタニの走塁は無意味だった」と断じた。

「もちろん三塁ランナーのシエラの走塁も良くない。そしてオオタニが盗塁を試みたのであれば、彼の過失は少なくなる。だが、彼が盗塁するべきではなかったという議論は十分にできるはずだ。決して、綺麗なプレーではない」

 結果的に11回裏にテイラー・ウォードのサヨナラ2ランホームランでツインズを下したエンジェルス。それだけに大谷の“ミス”に対する風当たりも少し弱まったのは、不幸中の幸いか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】敵主砲の家族も虜! 大谷翔平がコレアの妹にファンサービスで感涙させる。サプライズの兄は「別格だね」と脱帽

【関連記事】大谷翔平の26号弾をキャッチしたと勘違い? 相手投手が見せたリアクションに米記者注目「仲間が捕球したと思っていた」

【関連記事】“ショータイム”を目の当たりにした相手選手は「正直、言葉で表せない」と脱帽。豪快25号には「どうしたらあんなことができる?」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング