専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【西武】早大・蛭間拓哉の“一本釣り”成功に渡辺久信GMもニンマリ!「開幕からプレーしてもらいたい」と期待

THE DIGEST編集部

2022.10.21

ライオンズジュニア出身の蛭間。憧れの存在として栗山巧の名を挙げている。写真:THE DIGEST写真部

ライオンズジュニア出身の蛭間。憧れの存在として栗山巧の名を挙げている。写真:THE DIGEST写真部

 10月20日、プロ野球のドラフト会議が行なわれた。西武は、1巡目に蛭間拓哉(早稲田大)、2巡目に古川雄大(佐伯鶴城高)、3巡目に野田海人(九州国際大付高)、4巡目に青山美夏人(亜細亜大)、5巡目に山田陽翔(近江高)、6巡目に児玉亮涼(大阪ガス)を支配下選手として指名した。

 ドラフト会議後、「大変満足している」と表情を緩めた渡辺久信GM。長打力を武器とする外野手・蛭間の単独1位指名に成功し、「今年は、外野手が固定できずレギュラーが居ない状況だったので、単独で指名できて本当に良かった」と語り、こう続けた。

「走攻守揃った非常に魅力ある選手だと思う。全力プレーが持ち味で、好感が持てる素晴らしい選手。即戦力なので、できれば開幕からプレーしてもらいたい」

 さらに、夏の甲子園を熱狂させた5位指名の右腕・山田については、「非常にスター性がある。甲子園でも数多くの修羅場を経験している。やはり大舞台を経験しているのは、すごく強みになる」と評し、続けて「チームのために頑張る選手、自己犠牲を厭わないプレーヤーという印象。ドラフトの順位以上に期待できる」と太鼓判を押した。
 
 なお、育成選手は以下4名を指名。育成1巡目に野村和輝(石川ミリオンスターズ)、育成2巡目に日隈モンテル(徳島インディゴソックス)、育成3巡目に三浦大輝(中京大)、育成4巡目に是澤涼輔(法政大)を選択した。

 来季は、松井稼頭央新監督のもと4年ぶりのリーグ優勝を目指す西武。新指揮官は、合計10人の新人選手に向けて「絶対に1軍で活躍するという強い気持ちを持ってほしい」とエールを贈った。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】FA“超目玉”の西武・森友哉を獲得すべき球団はここだ! ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】FA“超目玉”の楽天・浅村栄斗を獲得すべき球団はここだ!ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】FA“超目玉”の楽天・田中将大を獲得すべき球団はここだ! ローテーション、資金力、熱意の3点から識者が徹底解説

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング