専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「オオタニは下だ」MVP争いでまさかの“1位票ゼロ”。怪物アルバレスへの投票結果に米紙が不満「地球上で最強の左打ちだ」

THE DIGEST編集部

2022.11.22

規格外のパワーで異彩を放ったアルバレス(右)。しかし、投打二刀流で異次元の活躍を見せた大谷(左)とのMVP投票での差は大きかった。(C)Getty Images

規格外のパワーで異彩を放ったアルバレス(右)。しかし、投打二刀流で異次元の活躍を見せた大谷(左)とのMVP投票での差は大きかった。(C)Getty Images

 去る11月17日、ア・リーグMVP投票の結果が発表され、世間は長らく注目を集めていたアーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷翔平(エンジェルス)による熾烈を極めた受賞レースの決着を見た。

 はたして栄冠に輝いたのは、ジャッジだった。リーグ新記録となる62本塁打を放ったスラッガーは、圧倒的な打力とチームへの貢献度が高く評価され、全米野球記者協会の30人中28人の1位票を獲得。大谷に大差をつける形で「最も価値がある男」として認められた。

 無論、本年も例年と同様にMVPの選定にはさまざまな異論が噴出。各国の識者やファンによる意見の大半は、大谷への投票数の少なさだったのだが、そのなかで別の意見を提示したのは、米紙『El Nuevo Herald』だ。フロリダを拠点としながらもラテンアメリカンのためにスペイン語で情報を発信している彼らは、投票結果に熱っぽく持論を示した。

「センセーショナルな活躍を見せた“キューバの怪物”は、もっと票数を与えられてもおかしくはなかった」

 彼らの言う「キューバの怪物」とは、今季に世界一に輝いたアストロズの主砲アルバレスを指す。レギュラーシーズンに、打率.306、37本塁打、97打点、長打率.613、OPS1.019というハイアベレージをマーク。指名打者部門では大谷を差し置いてオールスターにも選出された堂々たる活躍を見せていた。

 さらにハードヒット率(23.7)でもメジャートップの記録を刻んだ25歳は、総合的な勝利貢献度を示すWARでも、Baseball-Reference版が6.8、FanGraphs版が6.6と、いずれも「打者・大谷」を凌駕。単純にスラッガーとしてのスペックならば、二刀流の偉才にも引けを取らないポテンシャルを発揮していたわけである。
 
 それでもMVPでの1位票はゼロ、さらにトータルの投票ポイントもジャッジと178差をつけられた。そんなアルバレスについて「彼が勝者であることに疑いの余地はない」と強調した同紙は、次のように続けている。

「たしかに指名打者として実績を残した何人かの打者の功績は認める必要はある。しかし、アルバレスほどの打者が他にいるだろうか? エンジェルスのオオタニも投打における活躍は見事だったが、指名打者としての“攻撃性”はアルバレスよりも下だ。多くの選手が彼よりも打撃成績では下だったんだ。アストロズを世界一に導いた貢献度を考えても、アルバレスは間違いなく地球上で最強の左打ちのスラッガーだと言っていい」

 もっとも、メジャーで「4番でエース」を体現した大谷が上位にランクされるのは間違いではないだろう。それでも、アストロズの世界一にも貢献した打者に1位票が全くなかったという事実に、納得できないメディアは少なくないようだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「ショウヘイは奪われた」大谷翔平の“MVP逃し”を巡って元同僚が異論! 最高の基準に見解「どうして記者が決めるんだ?」

【関連記事】大谷翔平が「地球上で最高の選手」だったからこそのMVP。ジャッジが漏らした言葉に感じたヤ軍主砲の“本音”

【関連記事】「LAの連中は恥を知れ!」米記者がジャッジ圧勝のMVPに歓喜。大谷翔平への2票に「どうやったらできる?」と持論
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング