専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

海外FA権行使の千賀滉大は「最も高い金額を提示してくれる球団」へ移籍か?米メディアでも「先発」が有力視!

THE DIGEST編集部

2022.11.22

来季MLBでのプレーを目指す千賀。既にいくつかの球団と面談をしているようだ。写真:THE DIGEST写真部

来季MLBでのプレーを目指す千賀。既にいくつかの球団と面談をしているようだ。写真:THE DIGEST写真部

 メジャー挑戦を表明し、海外FA権を行使した千賀滉大が米国内でも熱視線を集めている。

 12年間ソフトバンクで過ごした右腕は、160キロを超える速球とスプリットを中心に1000イニング以上を投げ、87勝44敗、防御率2.59、1252奪三振を記録。エースとして2015年と2017~2020年にはチームを日本一に導いた。

【動画】米メディアも熱視線!千賀滉大の圧巻ピッチングをチェック

 彼の移籍を巡る話は連日のように現地でも話題となっており、MLB公式のネットワーク局『MLB Network』のジョン・モロシ氏は、「ヤンキースとレッドソックスが日本のエースの代理人と接触した」と伝えれば、米専門メディア『The Athletic』のウィル・サモン記者とデニス・リン記者は「センガはメッツとパドレスとは既に面会している」と報じている。

 こういった彼の動向をチェックした米専門サイト『Fan Nation』は、「ただ会って接触するのは、注意しているくらいの問題だが、センガがFA市場で関心を集めているのは確かだ」と現地では高い評価を得ているという。
 
 また「驚異的な腕力で炸裂するような速球だ。先発に値するストライク数と四球を投げている」とサムライ右腕について、米野球専門データサイト『FanGraphs』のスカウティングレポートでは綴られている。

 同メディアは、「90マイル台前半のカットボールも80マイル台前半のスライダーも打者はバットを振る動きはしない」と冷静に分析したうえで、「彼のスプリットは空振りをとれる。センガのフォークの選択肢は、速球とスプリットに依存する彼にとって高いリリーフ効果をも得られる」と続けた。

 最後には「速度を維持できるセンガの能力は、恐らくMLBでも先発として受け入れられる。いくつかの球団を説得できるので、最も高い金額を提示してくれる球団にする可能性は高い」と予想した。

 果たして日本球界を沸かせた右腕は、どの球団を選択するだろうか。彼の動向から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平が「地球上で最高の選手」だったからこそのMVP。ジャッジが漏らした言葉に感じたヤ軍主砲の“本音”

【関連記事】「壮大すぎて、理解し難い」2年連続MVP候補となった大谷翔平に米記者は脱帽! 屈辱が続いたエ軍には「悲劇」と糾弾

【関連記事】「LAの連中は恥を知れ!」米記者が大谷翔平へのMVP票に憤怒! 地元記者の投票に「恥ずかしい」と糾弾
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング