専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

自分のパワーポジションを見つけ出す! プロ野球選手も実践しているIWAバッティング・メソッドとは?

PR

2019.12.06

東洋館出版社より発売された『パワーポジションで最強スイング&インパクト! IWAバッティング・メソッド』1,500円(税別)

東洋館出版社より発売された『パワーポジションで最強スイング&インパクト! IWAバッティング・メソッド』1,500円(税別)

 東洋館出版社より、youtubeで日本一の野球チャンネルと言われている「トクサンTV」が全面協力のもと、『パワーポジションで最強スイング&インパクト! IWAバッティング・メソッド』が12月6日...
 東洋館出版社より、youtubeで日本一の野球チャンネルと言われている「トクサンTV」が全面協力のもと、『パワーポジションで最強スイング&インパクト! IWAバッティング・メソッド』が12月6日(金)に発売された。
 
 本書では、良いバッティングをするために何が必要なのか、強化するポイントについて、解説されている。
 
 特徴の一つは、自分だけのパワーポジションを見つける方法について。
自分の身体を最も安定させる姿勢を「パワーポジション」と言い、関節に負担をかけずに動き出しから最大の筋出力を発揮する。このポジションの見つけ方を紹介しているが、つま先の向きや重心をかける足など、身体の部位ごとに細かく解説されているので、その人に合ったものが何かを見つけることができる。
 
 そして2つ目に、バッティング力を上げる「IWAバッティング・メソッド」について。
これは、バッティングを「スイング力」と「インパクト力」の2つに分けて考えることで、それぞれの練習が明確となり、バッティング力を効果的に高めることができる、という理論である。

 また、プロ野球選手も実践する「伸筋バッティング」、「胸郭ツイストスイング」などのトレーニング方法を、詳細な写真でわかりやすく解説している。それぞれのトレーニング内容については、動画とリンクしているQRコードを読み込めば、動きの細かい部分も確認できる。
 
 本書では、身体の仕組みを理解し、実際にバッティングをどうのようにイメージし、身体を動かすのか。どのように練習すると効果的なのか。その具体的な練習のやり方を、数々のプロ野球選手のトレーニングを手がけている木村匡宏氏が解説してくれている。確かなバッティング理論とトレーニング方法を知りたい方、必読の一冊である。
 
■書籍情報
『パワーポジションで最強スイング&インパクト!IWAバッティング・メソッド』
発行元/東洋館出版社
著者/木村匡宏
本体価格/1,500円(税別)
発売/2019年12月6日
https://amzn.to/2pLy2io
 
■著者について
木村匡宏 Kimura Masahiro
IWA ACADEMY チーフディレクター
1979年生まれ。慶應義塾大学卒業。岩隈久志(現読売ジャイアンツ)が共同オーナーをつとめるIWA ACADEMY の設立メンバー。子どもからプロ選手までの競技サポートをするトレーナー。2016年10月から、子どもの発達科学研究所と提携し、未就学児向け運動プログラム「WAQUMO」の開発、科学でいじめのない世界を創る「BE A HERO」プロジェクト、部活動包括マネジメントプログラム「TEAM PLAY」の開発、普及に取り組む。主な著書に『速効! 5分で伸びる! 子どもの走り方トレーニング』(東洋館出版社)、『実はスゴイ四股 ―いつまでも自力で歩ける体をつくる』、『24時間疲れない! 最強の身体づくり』(ワニブックス)がある。
 
[協力]
トクサン Tokusan
 SWBC JAPAN 軟式日本代表。帝京高校で甲子園出場、創価大学では主将として全国ベスト4、リーグ首位打者、盗塁王に輝く。日本プロ野球2球団のドラフトにリストアップされた実績をもつ。2016年8月にYouTubeにて「トクサンTV」をスタートさせ、チャンネル登録数50万人を超え、日本一の野球チャンネルとなっている。所属する野球チーム『天晴』の主将。
 
ライパチRaipachi
学生時代、万年補欠だった野球部の落ちこぼれ的存在。それでも野球が大好きで「やるなら強いチームでやりたい! 」と野球チーム『天晴』の門を叩く。「下手な選手でも野球が上手くなれる情報を発信したい! 」と一念発起して野球YouTuberに。トクサンTVでは動画編集も担当する。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング