専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

モラントがコビー、レブロンに次ぐ史上3人目の快挙! 47得点の爆発でグリズリーズがシリーズをタイに<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.05.04

モラントはプレーオフ自己最多の47得点を叩き出し、グリズリーズを勝利に導いた。(C)Getty Images

モラントはプレーオフ自己最多の47得点を叩き出し、グリズリーズを勝利に導いた。(C)Getty Images

 現地時間5月3日、メンフィスのフェデックス・フォーラムでメンフィス・グリズリーズとゴールデンステイト・ウォリアーズのカンファレンス準決勝第2戦が行なわれた。

 試合開始からグリズリーズはジャレン・ジャクソンJr.とジャ・モラントの3ポイントなどで8-0とスタートダッシュに成功する。しかし残り9分にディロン・ブルックスがウォリアーズのゲイリー・ペイトン二世に対してハードファウル。これがフレグラント2と判定され、ブルックスは退場処分を受ける。
 
 その後、ウォリアーズはステフィン・カリーを中心に反撃するも、第1クォーターは33-25とグリズリーズの8点リードで終了。第2クォーター、ウォリアーズは初戦で31得点をあげたジョーダン・プール、新人のジョナサン・クミンガが着実に得点を重ねるが、モラントが前半で21得点を叩き出し、56-51と引き続きグリズリーズがリードを保って後半戦へ。

 第3クォーター、グリズリーズは一時10点のリードを奪ったが、ウォリアーズも好調のプールやアンドリュー・ウィギンズの活躍で点差を縮め、77-77の同点で第3クォーターを終了。さらに第4クォーター序盤にはプールの連続得点で逆転。残り4分半にはカリーの3ポイントで95-91とリードを広げた。
 
 しかしホームで負けられないグリズリーズは、今季MIP(最も成長した選手)に輝いたモラントのレイアップで2点差に。1点を追う残り1分40秒にはドライブからのジャンプショット、さらに残り30秒には再びジャンパーを沈め、106-101でチームを勝利に導いた。

「第1戦で(決勝)レイアップを外した自分にフラストレーションを溜めていた」と試合後に語ったモラントは、チーム最後の15得点を1人で稼ぐなど、プレーオフ自己ベストの47得点に8リバウンド、8アシストと大爆発。初戦の鬱憤を見事に晴らした。

 また22歳の若きエースは、プレーオフの舞台においてコビー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)に次ぐ、23歳以下で45得点以上を複数回記録したリーグ史上3人目の快挙となった。

 ウォリアーズはカリーが27得点、9リバウンド、8アシスト、プールが20得点、ウィギンズが16得点をあげたが、第1戦で決勝シュートを決めたトンプソンが12得点、フィールドゴール26.3%(5/19)、3ポイント16.7%(2/12)と不発。3ポイントはチーム全体で18.4%(7/38)にとどまり、連勝はならなかった。

 これでシリーズは1勝1敗のタイ。第3戦は5月7日にウォリアーズのホーム、チェイス・センターに舞台を移して開催される。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング