専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

八村塁が“キング”レブロンと初対決!リーグ首位のレイカーズ相手に16得点

ダンクシュート編集部

2019.11.30

序盤から積極的に得点を重ねた八村。スター軍団相手に大敗を喫しながらも存在感を放った。(C)Getty Images

序盤から積極的に得点を重ねた八村。スター軍団相手に大敗を喫しながらも存在感を放った。(C)Getty Images

ワシントン・ウィザーズ103-125ロサンゼルス・レイカーズ/11月29日(金)※現地時間 ウィザーズ|23|26|30|24| レイカーズ|37|33|35|20|  11月29日(日本時間30日)...
ワシントン・ウィザーズ103-125ロサンゼルス・レイカーズ/11月29日(金)※現地時間
ウィザーズ|23|26|30|24|
レイカーズ|37|33|35|20|

 11月29日(日本時間30日)、ワシントン・ウィザーズの八村塁がリーグ首位のロサンゼルス・レイカーズとの一戦に臨んだ。先発出場した八村は26分間のプレーで16得点(フィールドゴール7/15、3ポイント0/3、フリースロー2/2)、8リバウンドをマーク。試合は125-103でレイカーズが勝利した。

 試合前から「対戦を楽しみにしていた」という八村は、その言葉通り序盤から積極的に攻め立てる。開始直後にレブロン・ジェームズとのマッチアップからジャンプシュートを沈めて両チーム最初の得点をマークすると、直後にはスティールから再びレブロンを相手にレイアップを成功。その後も軽快に得点を重ね、開始4分足らずで8得点を記録した。

 八村の活躍で15-4と好スタートを切ったウィザーズだったが、レイカーズもレブロンとアンソニー・デイビスを中心に反撃を開始。第1クォーター残り4分過ぎにレブロンの3ポイントで逆転すると、デイビスがインサイドを支配し完全に主導権を握る。
 
 前半で49-70と大差をつけられたウィザーズは後半もレイカーズの強力オフェンスを止められず、第3クォーター中盤には30点差をつけられる。それでも八村は攻め気を失わず、同クォーター残り7分から3本連続でフィールドゴールを成功。すべてブラッドリー・ビールのアシストから2本のジャンパーとレイアップを決めて、4試合ぶりの2桁得点に到達した。

 試合はレイカーズが第4クォーターに主力を温存しながらも125-103でウィザーズに快勝。デイビスが両チームトップの26得点、13リバウンド、3ブロック、レブロンが23得点、11アシストでチームを牽引し、連勝を10に伸ばした。

 一方のウィザーズはビールが18得点、9アシスト、八村が16得点をマークしたが、守備が崩壊しチームとしての実力差をまざまざと見せつけられた。今季の成績を6勝11敗としたウィザーズの次戦は12月1日(同2日)、再びステイプルズ・センターでロサンゼルス・クリッパーズと対戦し、アウェー4連戦を締めくくる。

構成●ダンクシュート編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】レブロンを相手に得点を決める八村

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング