専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
Jリーグ・国内

【J1】三つ巴の優勝争いは三者一歩も引かず!FC東京、横浜が勝ち、鹿島を僅差で追走

サッカーダイジェストWeb編集部

2019.11.02

大分戦で先制点を決めた永井。FC東京は2連勝を飾った。写真:徳原隆元

大分戦で先制点を決めた永井。FC東京は2連勝を飾った。写真:徳原隆元

 J1リーグは11月2日、各地で30節の7試合を開催。2位のFC東京、3位の横浜F・マリノスはともに敵地で勝利し、首位の鹿島アントラーズを依然として僅差で追走している。  FC東京は昭和電工ドーム...
 J1リーグは11月2日、各地で30節の7試合を開催。2位のFC東京、3位の横浜F・マリノスはともに敵地で勝利し、首位の鹿島アントラーズを依然として僅差で追走している。

 FC東京は昭和電工ドーム大分で大分トリニータと対戦。開始5分に永井謙佑の今季9点目で先制すると、直後の7分にもDF渡辺剛が追加点。この2ゴールを最後まで無失点で守り切ったFC東京が2対0で勝利を収めた。

 また横浜はベストアメニティスタジアムでサガン鳥栖と激突。負傷の仲川輝人に代わって先発に抜擢された東京五輪世代の遠藤渓太が存在感を示し、17分にティーラトンからのクロスに反応。左足ボレーで先制点を奪う。さらに22分にエリキが追加点を挙げた横浜が、鳥栖の反撃を1点に抑えて勝ち切った。
 
 この結果、上位陣は前日1日に浦和に1対0で勝利した鹿島も含め、三者ともに勝点3をゲット。鹿島が勝点59で首位、同勝点で得失点差で8点下回るFC東京が2位、勝点58の横浜が3位につける。

 この日、サンフレッチェ広島に勝って4位に浮上した川崎フロンターレは勝点51としているが、残り4試合で首位鹿島とは勝点差8。ここからの逆転3連覇は、不可能ではないにしろ厳しい情勢と言わざるを得ない。

 優勝争いは、いよいよ上位三強によるサバイバルレースの様相が色濃くなってきた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RECOMMENDオススメ情報

RANKINGランキング