専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

久保建英、アトレティコ戦の「特別なゴール」の真相を明かす。地元メディアは「透き通った心の持ち主」と人間性を称賛

THE DIGEST編集部

2021.12.09

 また彼は、チームが7戦未勝利と低迷している中で、ルイス・ガルシア・プラサ監督がアトレティコ戦前に選手に向けて語った言葉が、精神面に大きく作用したことも告白。「我々は悪い流れの中にあるが、自分たちがやってきたことを理解しており、必ず結果が出る、と監督は言いました。個人的に、アトレティコにリードされた時、監督が僕に声をかけると思い、チームの役に立つ準備はしっかりできていました」と振り返った。

『Cadena COPE』は、この決勝弾がマジョルカだけでなく、アトレティコのライバルであり、久保の所有元クラブであるレアル・マドリーにとっても「重要なゴール」だったと指摘し、ゆえに試合後、彼がマドリーのチームメイトたちから多くのメッセージを受け取ることになったと紹介している。
 
 また同メディアは、この日本人選手がシュートとの際の逸話などを正直に語ったことについて、「誠意を持っての告白」「クボがマジョルカに加入してから示したのは、優れた選手であるということだけでなく、非常に透き通った心の持ち主だということだ」と綴り、その人間性も高く評価した。

 久保はSNSでこのゴール場面の動画を公開(クラブの公式SNSにも公開されたもので、BGMはジョージ・マイケルの『ケアレス・ウィスパー』)。自身やチームの状況、相手、会場を考えても、記憶に残る特別なゴールを挙げた彼が、この数か月間の鬱憤を晴らすかのような活躍を今後披露することが期待される。

構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】名手オブラクとの駆け引きに勝利! 久保建英が決めた独走ドリブルからの劇的股抜き弾

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング