専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

【大坂なおみ・全米テニス名勝負集1】異様な興奮の中、20歳の大坂が女王セレナを破り、歴史の扉を開く/2018年決勝

内田暁

2020.08.30

表彰式では敬愛するセレナの四大大会24勝目を阻止して「ごめんなさい」と涙を見せた大坂。セレナは笑顔で祝福した。写真:THE DIGEST写真部

表彰式では敬愛するセレナの四大大会24勝目を阻止して「ごめんなさい」と涙を見せた大坂。セレナは笑顔で祝福した。写真:THE DIGEST写真部

 全米オープンテニス開催に合わせて、月刊スマッシュの過去のリポートの中から、大坂なおみの「全米名勝負」をピックアップしてお送りする。1回目は衝撃的な初優勝を飾った2018年、セレナ・ウィリアムズとの決勝だ。

   ◆   ◆   ◆

“その日”を初めて夢見たのは、果たしていつだろうか――?
 幼い頃から幾度も繰り返し見た夢で、彼女は銀色に輝く優勝トロフィーを、アーサー・アッシュ・スタジアムで掲げている。その決勝の相手は常に、「憧れの人」セレナ・ウィリアムズだった。

 20歳で迎えた全米オープンで、大坂なおみは自らの夢へと足を踏み入れる。緊張がなかったはずは、もちろんない。だがより大きな重圧を感じていたのは、恐らくはセレナの方だ。スピードが上がらずコースも定まらぬサービスが、泡立つ女王の心を映す。

 一方、セレナの際どいサービスにすっと人差し指を上げフォールトだと訴える大坂の姿には、遠慮や気後れの色はまるでない。「セレナはスロースターターだから、立ち上がりでチャンスをモノにする」

 それが大坂サイドの狙いであり、初の決勝の大舞台に立つ挑戦者は、そのミッションを完璧なまでに遂行した。第1ゲームこそ取り逃すが、第3ゲームではリターンからプレッシャーをかけ、ラリーを支配しブレークに成功。その2ゲーム後にも相手のゲームを破った大坂が、最後はセレナの正面に時速187キロのサービスを叩き込み、第1セットをつかみ取った。
 
 第2セットに入っても、大坂の優勢は続く。だがセレナは第3ゲームでブレークの危機を凌ぐと、続くゲームをブレーク。一斉に立ち上がる観客が、この日最大の声援でスタジアムを満たした。観客の熱狂を追い風に、女王が支配権を手中に収めたかに見えた局面。だが大坂の“勝負師の資質”が、「次のゲームをブレークバックしなくては危険だ」と彼女に告げていた。

「次のゲームを取られたら、観客は興奮し、セレナはますます勢いづく。ここで集中力を上げなくては」

 そして彼女は、自らに言い聞かせた言葉を実現させる。最初のポイントを大坂がリターンで奪うと、重圧を覚えたセレナは、2本連続でダブルフォールトを犯しブレークバックを許した。自分への苛立ちで、ラケットを叩き折るセレナ。すると先に取られていた“コーチングバイオレーション”と合わさり、セレナにポイントペナルティが与えられた。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング