専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

「信じられないような快挙」に本人も驚き!今季のテニス界でブレイクした20歳の3選手を紹介

東真奈美

2020.12.17

ツアー初優勝を果たしたサイボチ-ヴィウチ(左)、今年の全仏オープンでベスト16入りしたガストン(中央)とコルダ(右)。(C)Getty Images

ツアー初優勝を果たしたサイボチ-ヴィウチ(左)、今年の全仏オープンでベスト16入りしたガストン(中央)とコルダ(右)。(C)Getty Images

 今シーズンもテニス界の若者たちは着実に力を付けた。ATP(男子プロテニス協会)の公式サイトでは、これらの2020年にブレークスルーを果たした若手選手を紹介している。

 目を引くのは、ブラジルのチアゴ・サイボチ-ヴィウチ。特筆すべきは、今年2月のチリ・オープンでツアー初優勝を果たしたことだ。当時19歳で182位だったサイボチ-ヴィウチは、決勝でクレーを得意とする38位のキャスパー・ルードをフルセットの末に下している。

「信じられないような快挙だ。ずっと夢見てきたことだった」と本人も驚くほど。世界182位は今シーズンではランキング最下位のチャンピオンで、ランキングは現在、113位まで上昇した。

 フランスの20歳、ユーゴ・ガストンも突如頭角を現した選手のひとりだ。全仏オープンでの彼の活躍を覚えている人も多いだろう。ツアーレベルでの勝利はなく、チャレンジャーでの戦績も準決勝進出が最高だった、173センチのフランス人は、全仏オープンで記憶に残る活躍を見せた。
 
 1回戦で勝利を挙げると、2回戦では52位の西岡良仁を破った。ドロップショットを多用した独創的なプレーは、それだけで話題の的となった。そして、3回戦では、15年全仏オープン覇者のスタン・ワウリンカと対戦。なんと、フルセットの接戦を制して、4回戦へと進出したのだ。

 4回戦ではドミニク・ティームに敗れたが、ガストンの快進撃はインパクト十分だった。239位での全仏オープンベスト16入りは、2002年の283位のアルノー・ディパスカル以来の健闘だった。

 3人目はアメリカの20歳、セバスチャン・コルダ。1998年の全豪オープン優勝者ペトル・コルダ(チェコ)の息子である。チャレンジャー大会を主戦場にしていた彼が、台風の目となったのは今年の全仏オープンだ。

 当時213位で予選から出場したコルダは、本戦でベテランの98位アンドレアス・セッピ、23位ジョン・イスナーらを破り、本戦4回戦に進んだ。今大会までツアーレベルの試合で一度も勝ったことがなかった20歳のコルダが、全仏オープンのベスト16に進出したのだ。
 
NEXT
PAGE
コルダは全仏4回戦で憧れの選手と対戦した

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング