専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

大坂なおみ、全豪連覇に向けて好発進!50位をストレートで勝利「初戦としてはまあまあ良かったと思う」<SMASH>

スマッシュ編集部

2022.01.17

腹部のケガで前哨戦準決勝を欠場していた大坂だが、この日は持ち前の力強いプレーを披露して世界50位のオソリオを圧倒した。(C)Getty Images

腹部のケガで前哨戦準決勝を欠場していた大坂だが、この日は持ち前の力強いプレーを披露して世界50位のオソリオを圧倒した。(C)Getty Images

 2022年シーズン最初のテニス四大大会となる全豪オープン(1月17日~30日/オーストラリア・メルボルン/ハードコート/グランドスラム)では、大会初日の現地17日にディフェンディングチャンピオンの大坂なおみ(世界14位)が登場。ロッド・レーバー・アリーナの第2試合で、カミラ・オソリオ(コロンビア/同50位)を6-3、6-3で破り、2回戦進出を決めた。

 対戦相手のオソリオは昨年4月にツアー初Vをマークするなど勢いのある20歳。そんな相手に対して大坂は立ち上がりからパワーとスピードでペースをつかませず。オソリオの甘くなった返球をネットに出て仕留めるなど一気に5ゲームを連取。第6ゲームから3ゲームを奪い返されるも、第9ゲームできっちりとサービスをキープして第1セットを6-3でものにする。
 第2セットに入っても圧力をかけ続ける大坂に対して、徐々にスピードに慣れてきたオソリオが微妙に緩急を織り交ぜた配球で揺さぶりをかける。だが大坂はアンフォースとエラーの数を増やしつつも、相手が3連続でダブルフォールトを犯した第3ゲームでブレークに成功。流れを引き寄せたい相手に付け入る隙を与えず。

 迎えた第9ゲーム。大坂はいきなりリターンエースを決めると攻撃の手を緩めず。最後はオソリオのバックハンドがネットにかかりスコアを6-3として勝利を決めた。

 試合後のオンコートインタビューで「相手のことはよく知らないけど、プレーの質がとてもよかった。初戦としてはまあまあ良かったと思う」と語った大坂からは、大会連覇に向けて好スタートが切れたことの安堵感が感じられた。

 初戦を突破した大坂は、次なる2回戦でダナヤ・ヤストレムスカ(ウクライナ/144位)とマディソン・ブレングル(アメリカ/同54位)の勝者と対戦する。

構成●スマッシュ編集部

【PHOTO】4カ月ぶりの復帰戦となるメルボルンサマーセット1で躍動する大坂なおみを特集!

 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング