専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外テニス

ウクライナ侵攻で誹謗中傷の的になったロシアのルブレフ「石を投げられても攻撃はしないよ」と平和訴え

THE DIGEST編集部

2022.02.26

国籍を理由にインターネット上で標的となっているルブレフ。母国のウクライナ侵攻に苦しい胸中を語った。(C)Getty Images

国籍を理由にインターネット上で標的となっているルブレフ。母国のウクライナ侵攻に苦しい胸中を語った。(C)Getty Images

 ロシアのウクライナ侵攻がテニス界にも影響を広げている。

【PHOTO】イケメン多数!テニス界の次世代を担う「期待の若手」プレーヤーたち!

 現地時間2月24日、男子テニスツアー『ドバイ選手権』に出場している、世界ランク7位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)は、マッケンジー・マクドナルド(アメリカ/同61位)とのシングルス準々決勝に勝利。その試合後、母国を巡る問題について苦しい心境を明かした。

 先週の大会では、ウクライナのデニス・モルチャノフ(複77位)とダブルスペアを組み、優勝を飾っていたルブレフ。英紙『Daily Mail』など複数メディアによると、インターネット上では国籍を理由に、同胞のダニール・メドベージェフ(ロシア/同2位)とともに誹謗中傷を受けているという。
 
 インタビュー内で「こんな時、自分の試合なんてどうでもいいものだと気づく」と話し始めたルブレフは、「いま起きているのは、もっと恐ろしいことだ」とコメント。「世界が平和であり、互いを尊重し、団結し合うことが何よりも重要だと実感している」と率直な心境を明かした。

 さらに「地球を、お互いを大切にしなければならない」と見解を述べると、自身への誹謗中傷には、「たとえ石を投げられても、僕は平和を願い、攻撃的な態度に出るつもりはないと示す必要がある」と意思表示。「少なくとも僕には、これが正しいやり方だと思う」と話している。

 25日に行なわれた準決勝では、世界11位のフベルト・フルカチュ(ポーランド)に勝利したルブレフ。26日の決勝では、同123位のジリ・べセリー(チェコ)と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「早く過ぎ去りますように」メドベージェワ、ヤグディンらが訴え!ウクライナへの侵攻に「こんなひどいことはやめてくれ」 

【PHOTO】身体の使い方が超人的なルブレフのサービス連続写真!

【関連記事】「完全に絶望的な状況」ウクライナでプレーする帰化選手が嘆き。ロシア爆撃に「食べ物もお金もない」と悲痛な訴え

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング