専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
フィギュア

本田真凜、今季ベスト162.57点で復調傾向!観客の手拍子とともに華のある演技をみせる【NHK杯】

THE DIGEST編集部

2020.11.28

28日のフリーでは『ラ・ラ・ランド』を熱演した、本田真凜。写真:徳原隆元

28日のフリーでは『ラ・ラ・ランド』を熱演した、本田真凜。写真:徳原隆元

 11月28日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、NHK杯で女子シングルのフリースケーティング(FS)が行なわれた。2016年世界ジュニア女王の本田真凜は、104.27点、合計162.57点で今季最高得点を記録した。

【本田真凜 PHOTO】表現力豊かなスケートで観客を魅了

 前日のショートプログラム(SP)では、大きなミスはなかったものの、ジャンプで回転不足など減点が重なり9位発進となった。青の衣装を身にまとい登場したフリーでは、映画『ラ・ラ・ランド』の曲に合わせ熱演。SPに続き、大きなジャンプミスはなかったものの、回転不足があった。3つのスピンは全てレベル4を獲得。演技中盤からは、観客の手拍子に合わせ軽快な音楽とともに演じ、華のある表現で観客を魅了させた。
 
 今シーズン直前に右肩を脱臼し、十分な練習量を積めず不安な状態が続いていたが、今大会で復調傾向を見せた本田。6年連続出場となる12月の『全日本選手権』では、さらに上の演技を期待したい。

構成●THE DIGEST編集部
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング