専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
モータースポーツ

スペインGP10位入賞の角田裕毅に各国メディアは軒並み高採点&称賛コメント! 苦労の末のポイント獲得に「素晴らしい週末」

THE DIGEST編集部

2022.05.24

スペインGPで10位に食い込んだ角田。路面温度は50度近くに達する過酷な環境下でのレースだった。(C) Getty Images

スペインGPで10位に食い込んだ角田。路面温度は50度近くに達する過酷な環境下でのレースだった。(C) Getty Images

 F1第6戦のスペイン・グランプリで、アルファタウリの角田裕毅は13番手スタートから10位入賞を飾り、2戦ぶりのポイント(1点)獲得を果たした。

 車が安定せず、予選ではQ2進出で「満足しなければならない」と語るほどの厳しい状態だったが、レースでは様々な困難に打ち克って我慢強く安定したドライビングを披露して10位前後を走り続け、最終スティントでチャンスを逃さずにポイントを掴み取ってみせた角田。精彩を欠いたチームメイトのピエール・ガスリーを予選、決勝の両方で上回ったこともあり、海外メディアからも一様に高い評価を下されている。
 
 英国のF1専門サイト『planetf1』は10点満点中の「7.5」と高い採点を与え、「再びガスリーを上回ってポイントを獲得するなど、別の良いレースを披露。前回マイアミGPでの予選での好結果(Q3進出)が運によるものではなかったことを示した。今季はルーキーイヤーからの成長ぶりを見せ続けており、これまで彼を窮地に追い込んでいたミスは解消されたようだ」とポジティブに評したが、モータースポーツ専門サイトの『THE RACE』の採点は及第点をやや上回る「6.5」で、以下のように寸評が綴られた。

「最初のセッションから苦労していただけに、予選でQ2進出を果たしたこと、チームメイトを上回ったことで満足することに。予選では、ターン3の出口とターン4でのスピードがアドバンテージとなった。レースではタイヤの温まりの遅さに苦しんだが、ミスを犯すことはなかった。シャルル・ルクレール(フェラーリ)のリタイヤで10位入賞の希望が見えてきて、最後のスティントでミック・シューマッハー(ハース)を抜いた。根気強さと確固たる意志を持っての仕事が、彼に当然のポイントをもたらした」

 一方、『CRASH』は「8」と非常に高く、「ガスリーを予選、レースともに上回るなど、別の印象的な週末。1周目で11番手に上がり、後にダニエル・リカルド(マクラーレン)をパス。フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)には、ピットインで先行を許した。F1での2年目で、慣れてきていることを感じさせる、素晴らしい週末だった」と、ドライバーとしての成長ぶりにも賛辞を贈っている。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング