専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020新人王候補大集合:パ・リーグ編】粒ぞろいの投手の中でも筆頭はハムの即戦力左腕・河野。ソフトバンクの160キロ豪腕にも注目!

西尾典文

2020.06.16

パ・リーグの新人王大本命は、昨年のドラフトで外れ1位ながら2球団が競合した即戦力サウスポー、河野。練習試合では好投を続けているが、課題も見え隠れする。写真:産経新聞社

パ・リーグの新人王大本命は、昨年のドラフトで外れ1位ながら2球団が競合した即戦力サウスポー、河野。練習試合では好投を続けているが、課題も見え隠れする。写真:産経新聞社

 いよいよ6月19日に開幕するプロ野球ペナントレース。中でも楽しみなのが新戦力の台頭だ。そこで今回は全12球団から新人王の資格がある若手選手を2人ずつピックアップし、新人王を獲得する可能性とともに紹介したいと思う。今回はパ・リーグの6球団だ。

▼西武
浜屋将太(投手・1年目) 新人王の可能性:★★★☆☆
ドラフト1位の宮川哲も実力は十分だが、キャンプ中に右足の違和感で出遅れ、いまだに回復途上ということを考慮して、2位の浜屋を第1候補とした。高校時代からコントロールと変化球に定評はあったが、社会人の3年間で順調に球速がアップ。サウスポーながら左打者の内角に狙って速いボールを投げられ、三振奪取能力も高い。先発で起用し続ければ、ある程度勝ち星も計算できるだろう。

平良海馬(投手・3年目) 新人王の可能性:★★★☆☆
ルーキー以外では、平良に期待がかかる。高卒2年目の昨季は夏場から一軍に定着し、24試合に登板して2勝1セーブ、6ホールドを記録した。上背はないものの、たくましい体格から繰り出す150キロ台中盤のストレートが持ち味。さらにカットボール、縦のスライダーと変化球も十分に一軍レベルだ。オープン戦や練習試合では先発で投げていたが、結局ブルペンへ復帰。リリーフ陣が手薄なだけに、セットアッパーとしてフル回転が期待される。
 
▼ソフトバンク
杉山一樹(投手・2年目) 新人王の可能性:★★☆☆☆
投手に好素材の多いソフトバンクだが、中でもスケールの大きさではナンバーワンと見られているのが杉山だ。ルーキーイヤーの昨年は一軍で2登板に終わったが、二軍では22試合に登板して4勝0敗、防御率2.50と結果を残した。190センチを超える長身から放たれる150キロ超のストレートは、威力、角度ともに普通ではない。変化球の精度が改善してくれば、一気にブレイクする可能性もあるだろう。

古谷優人(投手・4年目) 新人王の可能性:★★☆☆☆
サウスポーでイチオシなのが高卒4年目の古谷だ。高校時代から150キロを超えるスピードで評判が高かったが、プロでの3年間でさらにレベルアップを遂げ、昨年は三軍戦で160キロもマークした。コントロールにはまだ課題があるが、フォームに目立った悪い癖がないのも長所だ。6月の練習試合でも結果を残しており、中継ぎの一角として期待できそうだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング