専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【甲子園で見たかったドラフト候補:投手】急成長を遂げた福岡大大濠・山下、左腕では静岡商・高田に注目!

西尾典文

2020.08.16

力強いストレートが魅力の山下。甲子園とは無縁だったが、ドラフトでは高評価を集めそうだ。写真:西尾典文

力強いストレートが魅力の山下。甲子園とは無縁だったが、ドラフトでは高評価を集めそうだ。写真:西尾典文

 甲子園交流試合では、中京大中京の高橋宏斗が150キロ台を連発するなど、多くのドラフト候補がアピールしている。その一方で春の県大会、地区大会がなくなり、代替大会が最後の公式戦となってしまった有望選手も少なくない。そこで今回は、甲子園の大舞台で活躍が見たかったドラフト候補を紹介しよう。まずは投手編だ。なお、下級生時代に甲子園でプレーした選手は除外した。

 投手で今年最も評価を上げたのは山下舜平大(福岡大大濠)だろう。下級生の頃から主戦で、2年春に出場した九州大会でも140キロ以上をマークしていたが、当時は上背こそあるもののまだ線が細く、典型的な未完の大器という印象だった。ところがこの1年で見違えるように体が大きくなり、それに比例するようにスピード、コントロールとも格段にレベルアップを果たした。

 福岡地区大会の決勝でのピッチングを現地で見たが、立ち上がりから終盤までストレートは145キロを下回ることがほとんどなく、延長11回にはこの日最速となる151キロをマーク。ただ速いだけでなくゆったりとしたモーションでスムーズに上から腕を振ることができており、両サイドへの制球力も安定している。ストレートの質だけなら、大学生・社会人を含めても指折りだろう。
 
 また、将来を考えて変化球以外のカーブを封印しているということにも驚かされた。多彩な変化球を操る高校生が多い時代にこのスタイルは異色とも言えるが、ここからスライダーやフォークを身につけた時にどのような投手になるか、夢は膨らむばかりである。有力なドラフト1位候補であることは間違いない。

 サウスポーで筆頭候補となりそうなのが高田琢登(静岡商)だ。こちらは山下とは対照的に入学直後から評判の投手で、旧チームでも不動のエースとして活躍しながら順調にレベルアップを果たしてきた。馬力よりセンスが光るタイプで、高校生左腕にありがちな粗々しさがなく、スムーズなフォームからのサウスポーらしい角度のあるボールが持ち味だ。アベレージは140キロ台前半だが、力を入れると145キロを超えることも珍しくない。スライダー、チェンジアップと対になる変化球のレベルも高く、試合を作る能力の高さは高校生ではトップレベルだ。サウスポーが不足しているチームにとっては非常に魅力的な投手と言えるだろう。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング