専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

ヤンキース田中は4.0回5失点で敗戦投手に。ヤンキースも2敗目でプレーオフ敗退危機…

SLUGGER編集部

2020.10.08

2被弾を含む5失点でマウンドを降りた田中。プレーオフでの勝負強さが鳴りを潜めている。(C)Getty Images

2被弾を含む5失点でマウンドを降りた田中。プレーオフでの勝負強さが鳴りを潜めている。(C)Getty Images

 ヤンキースの田中将大が現地時間7日、レイズとの地区シリーズ第3戦に先発し、4.0回5失点で敗戦投手となった。4対8で敗れたヤンキースは、これで1勝2敗と後がなくなった。

 初回、1番オースティン・メドウズ、2番ブランドン・ラウを連続三振に取るなど、まずは無失点に抑える上々の立ち上がりを見せた田中。続く2回には筒香嘉智とのプレーオフ初対決を平凡なセンターフライに打ち取るも、その後は連打を打たれて1点を失ってしまう。
 
 筒香との対決は3回の2打席目も一塁ファールフライに抑えたが、それ以外は全くピリッとしなかった。4回には今季わずか3本塁打の8番打者ケビン・キアマイアーにまさかの3ランを被弾。続く5回には、プレーオフ絶好調の3番ランディ・アロザレナにもソロ本塁打を浴びて4回5失点で降板。勝てばシリーズ王手となる一戦で、従来の大舞台での勝負強さを発揮できなかった。

 一方のレイズ先発チャーリー・モートンは初回と2回をいずれも三者凡退に抑え、3回には満塁のピンチを1失点で切り抜けるなど粘りのピッチングを見せた。5点の援護をもらった後も悠々と投げ、こちらは5回2失点で勝ち投手に。

 6回には通算2本塁打の伏兵マイケル・ぺレスに2ランが飛び出すなど、伏兵の一発攻勢で6点のリードを奪ったレイズは、ブルペン陣が6回以降も2失点に抑えて勝利。地区シリーズ突破に王手をかけた。なお、筒香は5打数無安打だった。

 ヤンキースは8回に5番ジャンカルロ・スタントンが、ポストシーズンでは5試合連続本塁打となる2ランをバックスクリーンに叩き込んだが、反撃届かず。あと1敗でシリーズ敗退の崖っぷちに追い込まれた。

構成●SLUGGER編集部

【PHOTO】6年間で通算75勝!抜群の勝負強さを発揮する”田中将大”特集!
 
NEXT
PAGE
【動画】スタントンがプレーオフ5試合連続弾!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング