専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2020ドラフト総括:ヤクルト】1位抽選を2度外しながら即戦力本格派右腕の木澤をはじめ補強ポイントをクリア

西尾典文

2020.11.02

外れ外れ1位で木澤がまだ残っていたのは幸運だった。写真:大友良行

外れ外れ1位で木澤がまだ残っていたのは幸運だった。写真:大友良行

 今年も大いに盛り上がったドラフト会議。果たして各チームは狙い通りの指名ができたのだろうか? 事前のチーム状況を改めて整理しながら、ヤクルトのドラフトを振り返ってみよう。

【指名選手】
1位 木澤尚文(投手/慶応大)
2位 山野太一(投手/東北福祉大)
3位 内山壮真(捕手/星稜高)
4位 元山飛優(内野手/東北福祉大)
5位 並木秀尊(外野手/獨協大)
6位 嘉手苅浩太(投手/日本航空石川高)
【育成】
1位 下慎之介(投手/健大高崎高)
2位 赤羽由紘(内野手/BC信濃)
3位 松井聖(捕手/BC信濃)
4位 丸山翔大(投手/西日本工業大)
 
 最優先課題は、昨年に続いて投手陣の整備。1位で早川隆久(早稲田大)、鈴木昭汰(法政大)を続けて外したが、それでも木澤に山野と即戦力の大学生投手2人を獲得して、上手く帳尻を合わせた格好だ。

 木澤は今のチームには不足している剛腕タイプの右投手。球速の割に空振りが取れないのは気になるが、毎試合コンスタントに150キロを超えるスピードをマークできるのは貴重な資質だ。カットボール、スライダーが上手く決まれば、奪三振も量産できる。山野は逆にストレートは140キロ台前半が多いが、ゆったりとしたモーションとのギャップで打者が差し込まれることが多い。リーグ戦で結果を残し続けてきた安定感も持ち味だ。

 2人ともいきなりローテーション入りとまではいかないまでも、それなりに一軍の戦力となる可能性はある。ただ、ともに故障歴があり、しかもヤクルトは伝統的に故障者が多い球団という点は気になるところだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング