専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「褒められた出来ではない」米放送局は7四死球を出した大谷翔平に苦言。それでも「本当に素晴らしい」と絶賛したのは――

THE DIGEST編集部

2021.04.21

時折、マメのできた指を気にする素振りも見せていた大谷。その影響もあってか制球を乱す場面も目立った。(C) Getty Images

時折、マメのできた指を気にする素振りも見せていた大谷。その影響もあってか制球を乱す場面も目立った。(C) Getty Images

 今季2度目の先発マウンドでも勝ち星には恵まれなかった。

 現地時間4月20日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地でのテキサス・レンジャーズ戦に先発投手として出場。1066日ぶりの勝利投手を目指したが、4回で降板した。

 右手にできたマメの影響から“リアル二刀流”で世間を沸かせた今月4日のシカゴ・ホワイトソックス戦以来となる登板となった大谷。この日は初回から3連続四球で1死満塁のピンチを作るなど、コントロールが安定せずに球数を要したが、随所で伝家の宝刀スプリッターを投じて三振を奪取し、難を逃れた。

 75球前後という「球数制限」が設けられたため、4回80球でマウンドを降りた大谷に勝利は付かなかった。7つの四死球を出した制球に課題を残しながらも、被安打は1、7奪三振と無失点という結果を残したピッチング内容に対する評価はまずまずだ。

 大谷の降板後、地元放送局『CBS』は、「オオタニが待望のマウンドに戻ってきた」と銘打ったレポートを出し、「厳しいピッチング制限が設けられているなかで80球中ストライクは37球(46%)と制球に苦戦した」と苦言を呈しつつ、こう綴った。

【動画】満塁の大ピンチを乗り切った146キロの高速スプリット! 大谷翔平の奪三振シーンはこちら
「16日ぶりの実戦登板だったオオタニだけに、コントロールの欠如はある程度は理解ができる。たしかに四球6は決して褒められた出来ではない。だが、球質自体はとても良い、本当に素晴らしかった。無失点で抑えきったのが、何よりの結果だ」

 さらに同メディアは「この時点で最も重要なことは本人のコンディションだ」と指摘した。

「オオタニは故障が癒えて以来、肘に問題を抱えておらず、マメの問題も先発機会を失うような大規模なものになっていない。それだけにこのまま順調にいけば、彼のピッチングも少しずつ内容が良くなっていき、自分の居場所が掴むだろう」

 最低限の役割を全うしてゲームを作った大谷。ここから徐々に登板機会を増やしていけば、必然的に良くなっていくはずだ。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング