専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「スプリットしか良くない」大谷翔平“キレキレ”の決め球披露も不満顔。毎イニング四球に「ストレスが溜まるリズムだった」

THE DIGEST編集部

2021.04.21

今季2度目のマウンドに上がった大谷は、4回80球を投げて7四死球7奪三振を記録した。(C)Getty Images

今季2度目のマウンドに上がった大谷は、4回80球を投げて7四死球7奪三振を記録した。(C)Getty Images

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地時間4月20日(日本時間21日)、本拠地で開催されたテキサス・レンジャーズ戦に先発登板。右手中指のマメの影響で登板回避していたため、今月4日のホワイトソックス戦以来となる今季2度目のマウンドに立った。

【PHOTO】全米に衝撃を与えた大谷翔平の二刀流、はじける笑顔、日本代表での秘蔵ショットも大公開!

 4回80球を投げ、被安打1、無失点、7四死球7奪三振の内容とした大谷は試合後、「全体的に(マメが)出来ないように投げてはいた。まず無事に終わって、次もまた投げるそうなので、そこが一番良かった」と安堵の表情を浮かべた。

 この試合、初回から制球を乱して波乱の幕開けに。先頭打者をショートゴロに打ち取るも、その後3者連続で四球を与え満塁のピンチを作ってしまう。しかし、この苦境で迎えた5番ニック・ソラック、6番ウィリー・カルフーンを“キレキレ”のスプリットで空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。
 
 2回以降もコントロールは安定せず「全体的にストレスが溜まってしまうようなリズムで投げていた」と毎イニング四球で出塁を許す内容を振り返った大谷。一方、7つの三振のうち6個は急降下するスプリットで打者を翻弄し、毎イニング三振を奪った。これには「スプリットしか良くないな」と自身の投球を冷静に見つめ直した。

 リリーフ陣がレンジャーズの反撃を2点に抑える投球で、チームは6対2で勝利。勝ち星は2番手のグリフィン・キャニングに与えられ、大谷は2018年5月20日のタンパベイ・レイズ戦以来1066日ぶりの白星とならなかった。“二刀流”大谷に勝ちがつくのはいつになるか。投打ともに活躍する26歳から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部 
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング