専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

“MVP男”アルトゥーベでさえ「完全に無力だった」! 大谷翔平が投じた驚異のスライダーに反響続々「まるでゲームだ」

THE DIGEST編集部

2021.05.12

メジャー屈指の実力派アルトゥーベさえ腰を引いた! 大谷の投球に対する反響がやまない。(C)Getty Images

メジャー屈指の実力派アルトゥーベさえ腰を引いた! 大谷の投球に対する反響がやまない。(C)Getty Images

 圧巻の投球だった。現地時間5月11日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平はヒューストン・アストロズ戦で「2番・投手」として先発。惜しくも白星はつかなかったものの、今季最長の7イニングを投げ、これまた今季最多の10奪三振、1失点と好投した。

 過去4先発連続で20球以上を費やし、“課題”となっていたのが初回の出来だ。今回はこれをわずか12球で切り抜ける順調なスタートで、強打のアストロズ打線を巧みに抑え込む。5回に先頭打者カイル・タッカーにソロホームランを許した後も大崩れせず、2018年5月20日以来となる7回を投げ抜いた。

 最速99マイル(約159キロ)を記録した4シームやスプリット、さらにスライダーが冴え渡って三振の山を築いた。とりわけ見事だったのが、3回1死無塁の場面で、ホセ・アルトゥーベを迎えた場面だ。

 第1打席でライト前ヒットを打たれていた大谷は、カウント1-1となったところで、内角のボールゾーンからストライクゾーン目いっぱいに決まる82マイル(約131キロ)のスライダーを投じた。

 ベース手前で急激な変化がかかり、2017年にリーグMVPを手にした167センチの強打者が思わず腰を引いたシーンは、現地実況を「ワォ! まるでビデオゲームみたいな変化だ。あり得ない」と唸らせるに十分な凄みがあった。

【動画】「小さな強打者」アルトゥーベが思わず腰を引いた大谷の圧巻スライダーはこちら
 最終的に大谷がレフトフライに打ち取ったこの対決。驚異的な変化球は、現地メディアや識者の間でも反響が広がっており、米スポーツ専門メディア『The Athletic』に寄稿するブレント・マグワイア記者は自身のツイッターで、「オオタニのホセ・アルトゥーベへのスライダー……。おったまげた」と、その質の高さを評した。

 さらに米メディア『MSN』は、次のようにクローズアップしている。

「ショウヘイ・オオタニは偉大な打者であるアルトゥーベと対峙し、打つのが困難なスライダーを投げ込んだ。驚くべき変化で打者の身体からストライクゾーンへと食い込んだボールに、アルトゥーベでさえも完全に無力だった」

 惜しくもシーズン2勝目を逃した大谷だったが、そのピッチングは登板を重ねるごとに研ぎ澄まされている印象だ。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】「小さな強打者」アルトゥーベが思わず腰を引いた大谷の圧巻スライダーはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング