専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

低迷するチームも“救う”!? 大谷翔平に肉薄するペレスに米メディアも驚嘆「もう手に負えない存在だ」

THE DIGEST編集部

2021.09.09

本塁打を量産するペレス。本塁打王争いで大谷に迫る打棒に賛辞が相次いでいる。(C)Getty Images

本塁打を量産するペレス。本塁打王争いで大谷に迫る打棒に賛辞が相次いでいる。(C)Getty Images

 ついに大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の背中に手をかけられた。そう言っても過言ではない。

 現地時間9月8日、カンザスシティ・ロイヤルズのサルバドール・ペレスが、敵地で行なわれたボルティモア・オリオールズ戦の7回に今季42号本塁打をマーク。メジャートップの大谷まで1本差に迫った。
【動画】大谷翔平を猛追! ペレスの豪快な最新ホームランはこちら

 大型捕手の勢いは陰りを見せない。8月に球団タイ記録の5試合連続弾を含む12本で一気に本塁打王争いのコンテンダーに名乗りを上げたペレスは、4日の試合で2打席連続アーチを放ち、アメリカン・リーグの捕手史上初となる40号に到達。さらに先述の一発で大谷に肉薄したのである。

 史上最強の呼び声もあるジョニー・ベンチが1970年に記録した捕手最多本塁打記録(45本)の更新も射程圏に入った。そんな勢いが増すばかりの31歳には、現地メディアも驚きを隠さない。

 米紙『Fulton Sun』は、ア・リーグ中地区で4位に沈むロイヤルズの現況をふまえたうえで、「ペレスこそが興味を失いかけていたファンが9月も野球を見る理由だ」と絶賛。さらに米野球専門メディア『Fan Side』は、「彼は今季のMLBを代表する打者だ。彼の火力は凄まじいままだ」と称えた。
 
「今季のサルバドール・ペレスは依然として手に負えない存在だ。9月に入ってからの勢いにも疲れは微塵も感じさせず、捕手として歴史的な本塁打記録に3本差に迫っている」

 チームリーダーとしても頼もしい活躍を続けるペレスに、ロイヤルズ指揮官も脱帽する。自身のキャリア通算本塁打数が67本のマイク・マシーニー監督は、「ペレスの数は私からすれば途方もない数字だよ」と語った。

「彼はキャッチャーだ。いつも打席の背後で頭を使いながら守り、そのなかでバッティングもしなきゃいけないんだ。だから常に攻守両面での活躍が求められる選手だ。それを考えると、我々は本当に特別な何かを目の当たりにしていると思う」

 足踏みの続く大谷を尻目に量産体制を築くペレス。果たしてこの熾烈なレースを制すのは誰か。1試合、1打席、1球の重要性が増している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【動画】大谷翔平を猛追! ペレスの豪快な最新ホームランはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング