専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ア・リーグMVPはゲレーロJr.が獲るべきだ」大谷翔平の受賞に米メディアが疑問符!指摘した“2つの理由”とは?

THE DIGEST編集部

2021.10.03

大谷(右)がMVP最有力と目される中、ゲレーロJr.(左)へ太鼓判を押す米メディアの主張とは?(C)Getty Images

大谷(右)がMVP最有力と目される中、ゲレーロJr.(左)へ太鼓判を押す米メディアの主張とは?(C)Getty Images

 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のMVP受賞へ期待が高まっている。

【動画】米球史に残る痛烈打! 大谷翔平の最新スリーベースヒットをチェック

 米ニュースメディア『NJ.com』は現地時間10月1日、「ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)がショウヘイ・オオタニのMVPを奪う可能性がある」と銘打った記事を掲載。そう主張する理由として「後半戦のパフォーマンス」「意味のある試合での活躍」の2つを挙げた。

 特集記事内で同メディアは、「今季見せたオオタニの活躍にケチをつけるつもりはない」と偉業を認めつつ、大谷の受賞に疑問符を投げかけ、「ライバルのスター選手がそれに近い、あるいは特別な年を送っていない場合なら、“最高”の選手に賞を与えることに賛成する。ただ、今回はそうではない」と、ゲレーロJr.に太鼓判を押した。
 
 また「オオタニとは異なり、ゲレーロJr.は後半戦も非常に充実している」と言及した同メディアは、オールスター以降にマークした2選手のスタッツを比較。ゲレーロJr.が「18本塁打、長打率.526」と驚異の数字を出しているのに対し、大谷は「12本塁打、長打率.444」と打席の成績面で劣っているのだと続けた。

 さらに、「後半戦は10登板しかせず、前半戦より9イニングあたりの三振数が少なくなっている」と大谷のペースダウンを指摘。一方のゲレーロJr.については「歴史的な攻撃力を発揮し、チームのポストシーズン進出に貢献している」と強調。最後は「オオタニが話題となったが、ア・リーグのMVPはゲレーロJr.が獲るべきだ」と記事を締めた。

 シーズン終盤にかけて盛り上がりを見せるMVP論争。はたしてその栄誉を受けるのは誰となるのだろうか。残り2試合で最終ジャッジが下される。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【動画】米球史に残る痛烈打! 大谷翔平の最新スリーベースヒットをチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング