専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「余裕で通用」“投手5冠”・山本由伸のメジャーでの活躍にダルビッシュ有も太鼓判!能力的には「全部すごい」

THE DIGEST編集部

2021.11.01

日本の絶対的エースに成長した山本(左)。その実力は、日本球界最高峰のレジェンド・ダルビッシュ(右)も絶賛するレベルに来ている。写真:田口有史

日本の絶対的エースに成長した山本(左)。その実力は、日本球界最高峰のレジェンド・ダルビッシュ(右)も絶賛するレベルに来ている。写真:田口有史

 日本球界で大活躍した選手の多くが海の向こう、メジャーリーグへ戦いの舞台を移す例が珍しくなくなった近年。今、日米ともに熱視線を送っているのが、オリックスの大エース、山本由伸だ。

 プロ3年目の2019年、山本は21歳の若さにして防御率1.95を記録してタイトルを獲得すると、昨季は最多奪三振、そして今季は球団新記録の15連勝をマークするなど、18勝、防御率1.39、206奪三振、勝率.783がリーグトップとなり、史上12人目の投手4冠を達成。6完投・4完封・193.2イニングもリーグ1位で、球団25年ぶりのパ・リーグ制覇の原動力となった。

 そんな若き右腕を巡っては、数年前からアメリカ球界も注目を送ってきたが、メジャーでも「余裕で通用すると思います」と“太鼓判”を押したのが、ダルビッシュ有(サンディエゴ・パドレス)だ。

【動画】これは打てない! 山本由伸の“ノビしかない”圧巻ストレートの三振がこれだ
 
 11月1日、自身のツイッターにてファンから「山本由伸投手はまだメジャーでは厳しいと思いますか?」と質問されたダルビッシュは、「余裕で通用すると思います」と笑顔の絵文字を添えて回答。さらに、「1番凄いところはどこですか」との問いには「全部すごいです」と大絶賛したのだった。

 山本は決して体格は優れていないものの、平均152キロの速球、144キロのフォーク、切れ味鋭いカーブなどを武器に、ダルビッシュにも負けない本格派としての資質を有している。しかもまだ23歳。年齢的にも十二分に成長の余地を残している。

 ダルビッシュは5年連続防御率1点台、日本通算1.99という異次元の数字を残して、25歳でメジャーへ移籍した。果たして、山本が渡米するかはまだ分からないものの、積み上げてきた実績を考えれば、ダルビッシュと近い年齢で海を渡るかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング