専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平とトラウト、レンドンは「地球上最高の3選手」エンジェルスの“来季躍進”を海外メディアが期待

THE DIGEST編集部

2022.01.04

球界のトップ選手を擁するエンジェルス。はたして2022年シーズンはどのような1年となるだろうか。(C)Getty Images

球界のトップ選手を擁するエンジェルス。はたして2022年シーズンはどのような1年となるだろうか。(C)Getty Images

 2021年シーズンは大谷翔平の二刀流フィーバーも虚しく、77勝85敗という最終成績に終わったロサンゼルス・エンジェルス。今オフは主力の戦線復帰に加え、積極的な補強に動いており、現地ではすでに“来季躍進”へ向けた期待が高まっているようだ。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 現地時間1月3日、カナダのスポーツメディア『theScore』は「2022年に良くなるMLB5球団」とのタイトルで特集を掲載。テキサス・レンジャーズ、デトロイト・タイガース、シアトル・マリナーズ、ニューヨーク・メッツに加え、エンジェルスの名前が取り上げられている。

 記事を作成したブライアン・マクウィリアム氏は、大谷、マイク・トラウト、アンソニー・レンドンの存在を「地球上で最高の3選手」と表現すると、「彼らが同時にフィールドに立ち続けることができれば、ロサンゼルスは前年の77勝を上回ることができるはずだ」と指摘した。
 
 さらに、記事内では今オフの最優先課題となっていた投手陣の補強状況にも言及。とりわけ、先発の柱になり得るノア・シンダーガード、二刀流戦士のマイケル・ローレンゼンについては「健康であれば支配的なものを持っており、オオタニと合わせて強力なローテのトップ3を形成できるだろう」と分析している。

 このほかにも、同球団はリリーフ左腕のアーロン・ループを獲得し、抑えのライセル・イグレシアスとも再契約を成功させた。記事の最後では「彼らが健康な状態をキープできれば、プレーオフに進出できるチームだろう」と結論付けられており、来季も高い注目を集めることは間違いなさそうだ。

 8年ぶりのプレーオフ進出を目指すエンジェルス。来季こそ、なんとか巻き返しを図りたいところだが、まずはロックアウト解除後にどのような動きを見せ、今後の戦いへ繋げていくのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】MVP満票も納得!2021年に大谷翔平が放った“全46本塁打”を一挙振り返り!

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!
NEXT
PAGE
【動画】MVP満票も納得!2021年に大谷翔平が放った“全46本塁打”を一挙振り返り!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング