専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「彼にできないことは何もなかった」米メディアが“パワーヒッターランキング”を作成。大谷翔平を2位に選出

THE DIGEST編集部

2022.01.09

昨シーズン46本塁打を放った大谷翔平。パワーヒッターとして高い評価を受けた。 (C) Getty Images

昨シーズン46本塁打を放った大谷翔平。パワーヒッターとして高い評価を受けた。 (C) Getty Images

 投打でMLBを席巻した二刀流が、錚々たる強打者たちと肩を並べた。

 米スポーツ専門メディア『Bleacher Report』は1月8日、「2022年スキルランキング」を発表。「野球界最高のパワーヒッターは誰か」というテーマで、独自の数値を用いてランキングにした。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 ランキング作成に際し、昨季の「平均打球初速」、「ハードヒット率」、「長打率の予測値」、「総本塁打数」の4つの項目を考慮。ポイントを積み上げるシステムで順位を付けた。

 大谷翔平(エンジェルス)は、ブラディミール・ゲレーロJr(ブルージェイズ)に次いで2位に。ヤンキースの主砲アーロン・ジャッジや、本塁王を争ったサルバドール・ペレス(ロイヤルズ)を上回った。

 同メディアは昨年の大谷を振り返り、「2021年の後半は力尽きた」と、8月、9月の不振に言及。一方で、「それが無ければ、1位を確保していたかもしれない」と、ゲレーロJrを上回っていた可能性も示唆している。
 
 投手で9勝を挙げ、打者としても46本塁打を放ってMVPを獲得した大谷のシーズンを総括し、同メディアは以下のように評価した。

「野球のフィールドで彼にできないことは何もなかった。その天才的なパワーは、MVPのキャンペーンでも存分に発揮されていた」
 
 昨季、孤軍奮闘で打線を引っ張った大谷。今季は、マイク・トラウトやアンソニー・レンドーンなど強力な主砲の復帰が見込まれるが、自慢の長打力はより一層発揮されるのだろうか。
 
構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング