専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【センバツ必見逸材5選/野手編】主砲・佐々木に負けない花巻東の正捕手の実力。大阪桐蔭と広陵にプロ注目のスラッガーも

THE DIGEST編集部

2022.03.01

絶対的な正捕手としてチームを支える松尾(左)と田代(右)。両雄ともに打力も自慢の実力派だ。(C)THE DIGEST

絶対的な正捕手としてチームを支える松尾(左)と田代(右)。両雄ともに打力も自慢の実力派だ。(C)THE DIGEST

 3月18日に開幕する選抜高校野球。今年のドラフト戦線を占う意味でも非常に重要な大会となるが、新3年生の注目すべき選手は誰なのか。投手と野手それぞれ5人ずつに絞って紹介したい。今回は野手編だ。

―――◆―――◆―――

田代旭(花巻東)/捕手/180センチ、79キロ/右投左打
 新2年生ながら、すでに高校通算50本塁打を放っている佐々木麟太郎に注目の集まる花巻東。だが、その後ろを打つ田代も強打の捕手として注目だ。1年秋から正捕手の座をつかむと、昨年夏の岩手大会では4番に座り5試合で4割を超える打率をマーク。秋の明治神宮大会も2回戦の高知戦で打った瞬間に分かるホームランをライトスタンドに叩き込んだ。

 佐々木がホームランを量産できるのも、田代の存在があればこそと言えるだろう。スローイングには、ややコントロールの不安定さの課題はあるが、2.0秒を切れば強肩と言われるセカンド送球でコンスタントに1.9秒台前半を記録。地肩の強さは申し分ない。総合力では間違いなく全国トップクラスの捕手と言えるだろう。

松尾汐恩(大阪桐蔭)/捕手/178センチ、75キロ/右投右打
 タレント揃いのチームにあって、旧チームから唯一レギュラーとしてプレーしている強打のキャッチャー。中学までは主にショートだったが、1年秋から捕手に転向すると、昨年春の選抜後に正捕手の座をつかんだ。リストの強さは抜群で、内角もさばけるバットコントロールは見事の一語だ。

 秋の明治神宮大会では決勝で2本のホームランを放つなど、3試合で8安打、長打4本と打ちまくり、チームの初優勝にも大きく貢献。キャッチングとブロッキングには課題が残るものの、抜群のフットワークでセカンド送球は1.8秒台をマーク。将来的には、内野への再転向も考えられそうだが、守備の堅実さが伸びれば、プロでも打てる捕手として勝負できる可能性はありそうだ。
 
内海優太(広陵)/外野手/185センチ、83キロ/左投左打
 旧チームで4番を任された強打の大型外野手。新チーム移行後は、真鍋慧(新2年)の台頭もあって3番を打つが、中国大会と明治神宮大会でいずれもホームランを放ち、7試合で記録した11安打中7安打が長打とスケールの大きい打撃を見せつけた。

 長身で堂々とした体格だが、打撃は決して力任せではない。バランスの良いスイングで、強引に振らなくても飛距離が出るというのが彼の魅力だ。スイングには柔らかさがあり、左方向へ打つ上手さもある。またリリーフとしてマウンドにも上がり、130キロ台中盤のスピードをマークするなど、肩の強さも申し分ない。体格的なスケールもあるだけに、プロでも中軸を打てる可能性を秘めた選手と言えるだろう。
 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング