専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

元NPB戦士を襲った珍プレー! 牽制球がまさかの股間直撃で筒香嘉智も思わず苦笑い「真の戦士として称えるべきだ」

THE DIGEST編集部

2022.04.15

牽制球が股間をヒットしたエスコバー。日本の野球ファンにも馴染み深い男を襲った衝撃には、さまざまな反響が相次いだ。(C)Getty Images

牽制球が股間をヒットしたエスコバー。日本の野球ファンにも馴染み深い男を襲った衝撃には、さまざまな反響が相次いだ。(C)Getty Images

 まさに“痛烈”なワンプレーが話題となっている。現地時間4月14日に行なわれたピッツバーグ・パイレーツ戦で、ワシントン・ナショナルズのアルシデス・エスコバーを襲った“悲劇”だ。
【動画】嗚呼、痛恨の牽制球。筒香も思わず苦笑したエスコバーの珍プレー

 かつてヤクルト・スワローズにも在籍していたエスコバー。そんな35歳のベテラン戦士が予期せぬアクシデントに見舞われたのは、4回2死一塁の場面だった。レフト前ヒットを放って出塁していた彼は、相手投手JT・ブルベイカーが牽制球を投じた際に帰塁。しかし、この時にボールが股間を直撃してしまったのだ。

 一塁を守っていたパイレーツの筒香嘉智も思わず苦笑いを浮かべた“珍プレー”。当然、不可抗力ではある。そのためボールが急所に当たったエスコバーは、苦悶の表情を浮かべて耐えるしかなかった。

 ただ、この元NPB戦士のまさかのシーンは、現地メディアでも小さくない話題となっている。米ポータルサイト『Uproxx』は「ボールはエスコバーの股間を綺麗に捉え、彼を内野の土の上に倒れさせた」と速報を打ち、「あまりの痛みにグラウンドで転げまわる彼を見て、思わず股間を抑えたファーストコーチャーの気持ちが分かった」と続けた。

 また、米メディア『Conlas Basesllenas』は、「彼は真の戦士として称えるべきだ」と、その後もプレーを続けたエスコバーに惜しみない賛辞を贈った。

「彼にとっては最悪の日だろう。チームも破れたうえに、自身は最も痛いところに牽制球が直撃したのだから。痛みに耐え、息を整えてから、笑顔で立ち上がったエスコバーには、そのつらさを知る敵地のファンからも大きな拍手が送られた」

 思わず同情したくなるようなシーンだった。だが、それでも立ち上がってプレーを続行したエスコバーのタフさには、脱帽するしかない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これが野球か?」完全試合の真っ只中での降板。ドジャースのカーショウ交代にMLBレジェンドは憤慨「邪魔しないでくれ」

【関連記事】「これは予想外だ」大谷翔平の9番打者からの満塁アーチ被弾に米記者も驚嘆「追い込んでから打たれるなんて」

【関連記事】佐々木朗希の完全試合で光った高卒ルーキー・松川虎生の「芸術的リード」。吉田正尚らを牛耳った配球の妙
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング