専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

MLB屈指の超逸材が大谷翔平を“最もタフな投手”に厳選! 目の当たりにした凄みとは?「春先は『いけるじゃん!』って思う」

THE DIGEST編集部

2022.05.24

大谷(右)の力強いボールを日々目の当たりにしているロベルト(左)が語る偉才の凄みとは?(C)Getty Images

大谷(右)の力強いボールを日々目の当たりにしているロベルト(左)が語る偉才の凄みとは?(C)Getty Images

 いまや球界で唯一無二の二刀流スターとなった大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。彼に畏敬の念を抱くのは、OBやメディアばかりではない。直接対峙している現役戦士たちも賛辞を惜しまないのである。

 昨季の快進撃が声価を高めた。打っては熾烈な本塁打王争い繰り広げる46ホーマーを放ち、100打点、103得点をマーク。投げても23先発で130.1回、防御率3.18、156奪三振を記録すると、MLB史上19人目となる満票でMVPに選出されたのである。

 瞬く間に世界的に「オオタニ」の名を轟かせた27歳のサムライを、少なくとも球界には知らぬ人はいないだろう。だからこそ、彼は多くの人々から尊敬の念を送られている。シカゴ・ホワイトソックスのルイス・ロバートもそのひとりだ。

 現在23歳のロバートは、20年に球界ナンバーワンプロスペクトの評価を得て、メジャーデビュー。昨年は右股関節の怪我もあって長期離脱を余儀なくされたものの、8月中旬に戦列に復帰すると、最終的に打率.338、13本塁打、OPS.946のハイアベレージを記録した。
 
 そんなキューバ生まれの超逸材は、MLB公式ツイッターでファンからの質問に答える企画に登場。そのなかで「これまでに対戦したなかで、最もタフな投手は誰か?」という問いを受け、迷うことなく「オオタニだね」と即答。次のように選出理由を語った。

「彼しかいないよね。春先のトレーニングキャンプ期間中の対戦では『いけるじゃん』って思えるんだけど、シーズンが始まると、もうね……(笑)。とくにワインドアップのオオタニはとてもタフな相手だ。質の良い持ち球をかなり持ってるし、内に秘めた力が本当に凄いんだ」

 多士済々のメジャーでも屈指の5ツールプレーヤーとして知られるロバート。そんな彼をして、ここまで言わせる大谷はやはり凄まじい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平、日米通算150号を達成! センターの生垣も越えた先頭打者アーチに現地記者も感嘆「これは完全にミサイルだ」

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?

【関連記事】「地元局はオオタニの話ばっかり!」大谷翔平に対する米ベテランレポーターの“不満”に異論噴出「文句を言っているのか」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング