専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平の“日米通算150号”に相手左腕は「あれで試合を始めたくなかった」と脱帽! 偉才への内容を猛省「このレベルではありえないミス」

THE DIGEST編集部

2022.05.23

メモリアルな一発を放った大谷(左)。被弾したアービン(右)も脱帽のコメントを残している。(C)Getty Images

メモリアルな一発を放った大谷(左)。被弾したアービン(右)も脱帽のコメントを残している。(C)Getty Images

 開始早々の特大アーチに相手左腕も脱帽するばかりだ。

【動画】打った瞬間に分かる圧巻弾! 大谷翔平の日米通算150号アーチをチェック

 現地時間5月22日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「1番・DH」でスタメン出場。“日米通算150号”となる9号ソロを放つなど、5打数2安打1打点の活躍を見せ、2試合連続となるマルチ安打をマークした。

 節目の一発が飛び出したのは、初回の第1打席だ。相手左腕コール・アービンと対峙した背番号17は、カウント0-1から真ん中高めに甘く入った75.6マイル(約121.6キロ)カーブをフルスイング。勢いよく飛び出した打球はぐんぐんと飛距離を伸ばし、センター後方の生垣を越えた芝生に着弾した。

 大谷にとって今季最長となる443フィート(約135メートル)の先頭打者アーチ。思わず悔しがる様子を見せていたアービンは、試合後にも、「あれで試合を始めたくなかった」と同シーンを振り返った。米紙『San Francisco Chronicle』など複数メディアが報じている。

 その後も、「フィールディングが上手くいかなかったり、先頭打者を歩かせてしまったり、このレベルではありえないようなミスをしてしまった」と反省を続けたアービン。その中でも、終盤の内容には手応えを感じているようで、「彼らは良いラインナップを揃えているし、戻ってこれてうれしい」と話したという。

 なお、試合はエンジェルスが4対1で勝利。4連敗直後の2連勝となり、アメリカン・リーグ西地区首位のヒューストン・アストロズとは1.5ゲーム差となっている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平、日米通算150号を達成! センターの生垣も越えた先頭打者アーチに現地記者も感嘆「これは完全にミサイルだ」

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?

【関連記事】「地元局はオオタニの話ばっかり!」大谷翔平に対する米ベテランレポーターの“不満”に異論噴出「文句を言っているのか」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング