専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「99.99%、ジャッジだ!」米記者はMVPレースのほぼ終焉を宣言。大谷翔平を推さない理由はやっぱり本塁打に?

THE DIGEST編集部

2022.08.15

大谷(左)とジャッジ(右)。この両雄が引っ張っている今季のア・リーグのMVPレースは熾烈を極めている。(C)Getty Images

大谷(左)とジャッジ(右)。この両雄が引っ張っている今季のア・リーグのMVPレースは熾烈を極めている。(C)Getty Images

 シーズン終盤戦に向け、MLB全体が熱気を帯びているなかで、小さくない注目度を集めているのが、アメリカン・リーグのMVP争いだ。

 目下、“ポールポジション”にいると目されているのは、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)である。前者は現地時間8月13日までに46ホーマーをマーク。ロジャー・マリスが1961年に作ったア・リーグの年間本塁打記録(61本)を破る67本ペースで打ちまくっている。

 一方で昨季のMVPである後者も凄まじい。現地時間8月9日のオークランド・アスレティックス戦では、あのベーブ・ルース以来104年ぶりとなる「シーズン2桁本塁打&2桁勝利」を達成。球史に金字塔を打ち立てた。

 かたや“野球の華”と言える本塁打で、かたや投打の二刀流で、ファンやメディアにあらゆる娯楽を提供し続けている。それだけに双方のどちらがMVPにふさわしいかは決め難く、識者の間でも連日のようにさまざまな議論が飛び交っている。

 そうしたなかで、MLB公式サイト『MLB.com』が「オオタニvsジャッジ」と銘打って掲載したディベート企画において、「ジャッジこそ明らかにリーグで最高の選手だ」と訴えたのは、米人気コラムニストのアンソニー・カストロビンス氏だ。
 
 今季の大谷の活躍について「ナチュラルに怪物だ。打力は昨年ほどではないが、投球は図抜けている」と称えたカストロビンス氏は、「オオタニが酷すぎるエンジェルスにもたらしたありとあらゆる価値を追い越せるのは、本当に突飛で、歴史的なことだけだと思っている」としたうえで、「いまのジャッジはその両方を示している」と論じた。

「この瞬間では、ジャッジがMVPを受賞する確率は99.99パーセントだと言える。もしも、私がMVP投票を今日するとしたら、ジャッジを選ばざるを得ない。いまの彼は明らかにリーグで最高の攻撃的プレーヤーで、だから、オオタニを“あしらう”形になってしまうのも仕方がない」

 さらに「オオタニの素晴らしさを認めないわけではない。彼は今の野球界に必要な貴重な存在だ。本当に凄い」と語ったカストロビンス氏だが、今季のジャッジへの信頼は揺るぎないようだ。

「ジャッジが一体何をしているかというのを肝に銘じるのが重要だ。ホームランが何よりも重要視されるようになったなかでリーグ全体のホームラン率が2015年以降で最も低いときに、ジャッジがマリスやボンズのように打ち続けているのは大きな魅力だ。ここまで誰かのMVPが間違いないと言えるのは奇妙なパターンだ」

 このところ意見がジャッジに傾いている印象も受ける同レース。いずれにしても、ハイレベルなパフォーマンスを続けている両雄からは目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】ジャッジのMVPを奪えるのは「オオタニしかいない」 ただ60本以上なら「受賞を否定するのが難しくなる」と米メディア見解

【関連記事】敵主砲の家族も虜! 大谷翔平がコレアの妹にファンサービスで感涙させる。サプライズの兄は「別格だね」と脱帽

【関連記事】“ショータイム”を目の当たりにした相手選手は「正直、言葉で表せない」と脱帽。豪快25号には「どうしたらあんなことができる?」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング