専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平を支持して「黙ってろ」と非難! “大谷マニア”の米識者がアンチからの攻撃に訴え「僕は多くの人に嫌われている」

THE DIGEST編集部

2022.09.17

ジャッジとのMVP争いを演じる大谷。そんなサムライを支持した識者には、アンチからの心無い言葉が送られた。(C)Getty Images

ジャッジとのMVP争いを演じる大谷。そんなサムライを支持した識者には、アンチからの心無い言葉が送られた。(C)Getty Images

 メジャーリーグもシーズンが佳境を迎えている。あらゆる“争い”が激しさを増しているなかで、ア・リーグMVPは混沌としてきている。

 目下、トップを争うのはアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。互いにシーズン終盤に入ってもパフォーマンスは衰えるどころか、凄みを増してきている。

 ジャッジはロジャー・マリスのア・リーグ年間本塁打記録(1961年の61本)超えを射程圏に捉える57本塁打をマーク。一方で大谷はメジャー史上初となる「シーズン30本塁打+2桁勝利」を達成。昨季に続いて二刀流で存在感を強めている。

 そんな両雄の活躍を受け、識者やファンの間でも意見が二分。どちらを推す声も連日のようにSNSやメディアを賑わせている。そうしたなかで、ある識者の投稿が波紋を広げている。“声”の主は、米放送局『FOX Sports』のアナリストであるベン・バーランダー氏だ。
 
 稀代の「大谷マニア」として知られるバーランダー氏は、「歴史を作り続けている」とジャッジの実力を認めつつ、当然ながら二刀流で異彩を放つ大谷を支持してきた。だが、現地時間9月15日に、次のようにつぶやいたのだ。

「僕は今回のア・リーグMVPレースの議論に関してヤンキースファンの半分とは仲良くなれそうだが、同時に多くの人に嫌われている。でも、思ってもいなかった人たちと友だちになれることもある。それは好ましい」

 現時点でジャッジ優勢の声は根強い。そのなかで、バーランダー氏は現役時代に二刀流を断念した実体験から、一貫して大谷の持つ魅力を伝えてきた。そんな彼のもとには、いわゆる“アンチ”から心無い言葉が送られているようだ。実際、15日の投稿にも「うざったい野郎だ」「黙ってろ!」「偽善者だ」という言葉が書き込まれた。

 歴史的に見てもハイレベルな争いであるのは間違いない。それだけに論争が激化するのは、致し方ないのかもしれない。だが、誰かを心無い言葉で攻撃していい訳ではないはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「なんてこったぁ!」大谷翔平の“心温まる対応”に敵地ファンが感動!子どもが喜ぶ姿に海外記者もほっこり

【関連記事】「あらゆる意味でレジェンドだ」大谷翔平が敵選手に贈った“お宝プレゼント”に反響止まず!米識者は「今年のお気に入りの話」と感激

【関連記事】「作り上げられた成績だ」大谷翔平の“史上初の快挙”にケチ! 米ラジオ解説者がMVP議論で異論「意味のある試合を戦ってない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング