専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「正気の沙汰じゃない!」大谷翔平の“規格外”の投球に反響止まず! 米記者たちが「本当に凄い男だ」と感嘆

THE DIGEST編集部

2022.09.18

マリナーズ打線を牛耳った大谷のピッチング。その快投ぶりに反響が続いている。(C)Getty Images

マリナーズ打線を牛耳った大谷のピッチング。その快投ぶりに反響が続いている。(C)Getty Images

 7回を投げ終えた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、気迫を見せつけるかのように、「ヨッシャー」と拳を握りしめた。その振る舞いには、現地の記者や識者たちをも唸らせる。

 現地時間9月17日、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「3番・DH兼投手」で先発登板。7回(107球)を投げて、無失点、被安3、8奪三振と好投。メジャーキャリアで自己最多を更新する13勝目を挙げた。

 まさにエースのピッチングだった。2三振を含む三者凡退で初回を危なげなく切り抜けた大谷は、その後も今季好調のマリナーズ打線を全く寄せ付けず。最速101マイル(約162.5キロ)のシンカーに、深く沈むスプリット、大きく横滑りするスライダーを変幻自在に操って、スコアボードに「0」を刻んでいった。

 107球の熱投でマウンドを降りた背番号17。フィル・ネビン監督代行が「全員が今まで見たことないものを目にしているんだ。投打でこれだけ圧倒的なプレーができるのは彼だけだ。前にも言ったが、今球界で“最も貴重な選手”だ」と強調したように、図抜けたパフォーマンスだった。
 
 規定投球回まで「14」と迫り、規定打席と合わせた史上初のダブル規定達成に前進した大谷。そのパフォーマンスには、賛辞が止まらない。米メディア『The Athletic』などに寄稿しているブレント・マグワイア記者は自身のツイッターで「オオタニは本当に凄い男だ」と投稿。あらためて、眼前で見せつけられた快投に脱帽した。

 また、米野球専門データ会社『Codify』は、大谷が過去16登板で、わずか19失点しかしていない成績を紹介。「いったい我々は何を書いているんだ?」「正気の沙汰じゃない!」と強調し、こう訴えた。

「オオタニという男は、101マイルの速球を投げ込んだかと思えば、106マイルの打球を打てる地球上で唯一と言っていいやつだ」

 投げるたびに、打つたびに、娯楽を提供する大谷。その一挙手一投足に世界は魅了され続けている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】162キロ超えのシンカーでマ軍打線翻弄! 大谷翔平、渾身ガッツポーズの堂々7回無失点「リーグ最高の投手だ」

【関連記事】「あらゆる意味でレジェンドだ」大谷翔平が敵選手に贈った“お宝プレゼント”に反響止まず!米識者は「今年のお気に入りの話」と感激

【関連記事】「作り上げられた成績だ」大谷翔平の“史上初の快挙”にケチ! 米ラジオ解説者がMVP議論で異論「意味のある試合を戦ってない」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング