専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【今週のパ・リーグ展望】正念場の楽天は首位ソフトバンクとの「絶対に負けられない」3連戦

氏原英明

2020.09.29

●オリックス-西武(京セラドーム)
29日(火)山本由伸-高橋光成
30日(水)田嶋大樹-浜屋将太
1日(木)張奕-輿座海斗

 下位に沈む両チームだが、どちらも現在の状態は良好。ようやく思い通りのゲームができるようになってきた。

 オリックスは特に打線が活気に満ちている。27日の日本ハム戦では20安打12得点の暴れっぷり。序盤に4点を先制して追いつかれながらまた突き放した。開幕当初は二軍にいた杉本裕太郎、モヤ、大下誠一郎といったあたりがパワフルな打撃を披露して得点力向上に貢献している。こつこつ当てるばかりで迫力に欠けていた以前のオリックス打線とは見違えるようだ。一方、投手陣では初戦先発の山本が防御率、奪三振で現在リーグトップ。安定感を欠いた時期もあったが、再びトップフォームに戻りつつある。

 西武は高橋光のピッチングに注目したい。前回のオリックス戦(9月8日)は8回までノーノーの快投。この時も投げ合った山本との対戦を楽しみにしているフシがあり、今回も期待が高まる。打線はさまざまなバリエーションを試している段階だ。前節は1番に源田壮亮を据えるなど面白い試みもあったが、サウスポーが相手の時はどんな打順にするか、辻発彦監督の手腕が問われる。ベテラン勢が後押ししてくれているうちに、森友哉、山川穂高ら本来活躍すべき打者たちが状態を上げたいところだ。
 
●ロッテ-西武(ZOZOマリン)
【予想先発】
2日(金)二木康太-ニール
3日(土)中村稔弥-内海哲也
4日(日)美馬学-松本航
 
 2位のロッテは6勝11敗と大きく負け越している西武をホームに迎える。この戦績を改善しない限り、リーグ優勝はおぼつかない。

 初戦の先発は二木だろう。西武戦は今季初登板となるが、昨季は5試合に投げて1勝3敗、防御率は6点台と散々だった。エースナンバーをつけている以上、苦手意識を持ってはいけない。打線では、中村奨吾が今季西武戦で打率.153(59打数9安打)と沈黙。9月に入って調子を落としていることも含め、気になるところだ。

 一方、西武も初戦先発予想ニールがここ2試合で10失点とあまり状態は良くない。ただ、ブルペン陣がここに来て調子を上げている。何とか5回までゲームを作ってくれれば勝機は広がるはずだ。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング