専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

ニックスが8年ぶりのプレーオフ勝利!立役者のローズは「長い間この瞬間を夢見ていた」<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.05.28

ニックスが前半の15点差を跳ね返して逆転勝利。ローズがチーム最多の26得点と輝きを放った。(C)Getty Images

ニックスが前半の15点差を跳ね返して逆転勝利。ローズがチーム最多の26得点と輝きを放った。(C)Getty Images

 5月26日(日本時間27日)、プレーオフ1回戦第2戦が行なわれ、ニューヨーク・ニックスがアトランタ・ホークスに101-92で勝利。シリーズの対戦成績を1勝1敗とした。

 初戦を2点差で落として迎えた第2戦。ホームで連敗は避けたいニックスだったが、前半で44-57と離される苦しい展開に。それでも第3クォーターを32-18と制して逆転に成功すると、第4クォーターも相手を17点に封じる堅守を見せて逆転勝利を飾った。

 ニックスがプレーオフで勝利をあげるのは2013年以来8年ぶり。さらに15点差を逆転しての白星は2000年のカンファレンス・セミファイナル第6戦(対マイアミ・ヒート)以来21年ぶりだった。

 大舞台から長く遠ざかっていたチームに久々の勝利を届ける立役者となったのが、今季途中から加入したデリック・ローズだ。

 初戦で両軍最多となる37分44秒の出場で17得点、5アシストをあげたローズは、第2戦でもベンチから同最多の38分44秒間コートに立ち、チームハイの26得点、4アシストを記録。特にチームが逆転した第3クォーターはスターターとして起用され、2本の3ポイントを含む10得点を稼ぐと、91-91の同点で迎えた試合残り4分45秒には決勝のフローターを沈めるなど、要所で勝負強さを発揮した。
 
 試合後、ローズは「長い間この瞬間を夢見ていた」と、ニックスの一員として初のプレーオフ勝利を噛みしめた。

「これまで、周囲から自分は以前のようにプレーできないと言われていた。しかし僕自身はどれだけの努力を費やしてきたのか分かっていた。このような状況にいることができてとても恵まれているし、幸運だ。僕は5P、Proper Preparation Prevents Poor Performance(適切な準備が悪いパフォーマンスを防ぐこと)を重視し、常に準備を怠らないよう努めている」

 2011年に史上最年少でMVPに輝いてから早10年。その間、数々の大ケガに見舞われ、5度の移籍を経験した32歳は、頼れるベテランとして大舞台に帰ってきた。気心知れた恩師トム・シボドーHCの下、若手を牽引し、勝利に導く活躍を多くのファンは期待している。

構成●ダンクシュート編集部
NEXT
PAGE
【動画】ローズがチーム最多の26得点!逆転勝利を飾ったニックスの第2戦ハイライト

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング