専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「ステフの身体は劇的に強くなった」カリーの守備力向上をカーHCとグリーンが絶賛「彼狙いはもう通用しない」<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2022.06.07

ファイナル第2戦、カリーはオフェンスだけでなく守備面の貢献も光った。(C)Getty Images

ファイナル第2戦、カリーはオフェンスだけでなく守備面の貢献も光った。(C)Getty Images

 現地時間6月5日に行なわれたゴールデンステイト・ウォリアーズとボストン・セルティックスによるNBAファイナル第2戦は、ホームのウォリアーズが107-88で快勝。初戦こそ落としたものの、これでシリーズ成績を1勝1敗のタイに戻した。

 この試合、ウォリアーズはステフィン・カリーが両軍最多の29得点をマーク。ただ、エースの貢献はオフェンス面だけにとどまらない。チーム最多タイの3スティールを記録したほか、オンボールディフェンスやカバーリングでも見事なプレーを見せるなど、守備面での働きも光っていた。

 かつては弱点として認知されていたカリーのディフェンス。しかし、いまや、その考えは改めなくてはいけないのかもしれない。試合後の会見で、スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)はカリーの守備力をこう称賛した。
 
「第3クォーター、ステフはシュートだけでなく、ディフェンスでの努力も息を吞むようだった。彼のコンディショニングやフィジカル、ディフェンスのレベルは十分に評価されているとは言えないね。

 私が初めてここに来た8年前と比べて、ステフの身体は劇的に強くなっている。だから彼は素晴らしいんだ。毎年、自分のゲームやコンディショニングの向上に取り組み続けている。毎晩彼のプレーを観るのが楽しみだよ」

 さらに盟友ドレイモンド・グリーンも、カリーのディフェンス面の成長についてこう語った。

「ここ数年、彼がどれだけボールサイド(のディフェンス)で改善されてきたかを話してきた。これまで、相手チームはすべてのポゼッションで彼をボールマンのディフェンダーにスイッチさせ、そこから攻めようとした。でも、それはもう通用しない。ヘルプが必要なら、俺たち全員が彼の後ろにいる。けれどそれを必要とすることはほとんどないんだ。素晴らしいよ。

 彼がどれほど強くなったのかについても話したことがある。自分のポジションをしっかりと守れるから、(相手に有利な)スポットを奪われることもない。それは俺たちにとっても凄く大きいなことだ。彼がああいうディフェンスをしても驚かないよ。ここ数年、ずっとそうしてきたんだからね」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング