専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
日本代表

人種差別の被害を告白したオコエ桃仁花がファンに感謝!「日本人であることに誇りをかんじます」

THE DIGEST編集部

2022.09.09

東京五輪銀メダリストのオコエは、SNSのDMで誹謗中傷の被害にあっていることを告白した。(C)Getty Images

東京五輪銀メダリストのオコエは、SNSのDMで誹謗中傷の被害にあっていることを告白した。(C)Getty Images

 人種差別的な誹謗中傷の被害に遭っていることを告白した、バスケットボール女子日本代表のオコエ桃仁花。攻撃的な差別被害を明かした彼女に、ファンやアスリートから心配の声が多数寄せられた。

 ナイジェリア出身の父と日本人の母の間に生まれた彼女は9月7日、自身のSNSで心無いメッセージのスクリーンショットを公開した。そこには「黒人の癖にまじできもいね」などと無分別な言葉が並んでいた。23歳は、「こんなのよくくるけど、もう心が麻痺するくらいなれたよ」とリアルな現実を伝えた。

 Twitterは2万を超えるリツイート、9.4万「いいね!」が集められるなど、この衝撃的な事実は注目を集めた。翌日、オコエは再びTwitterを更新。「お母さんとお父さんが出会い、今私はここにいる」と綴り出し、以下のように続けた。
 
「誰に何を言われようとも、どんな肌の色をしていても、私は愛される価値がある。目の前のあなたも、横のあなたも、誰かの大切な人。言葉を大切に。心を大切に」

 最後には「皆様からの温かいメッセージに、日本人であることに誇りをかんじます。ありがとう」と感謝で締めている。

 勇気ある発信で、自身が直面する現実をさらけ出したオコエ。彼女の行動が無駄にならないよう、SNSを巡るメッセージに対策を講じる必要がありそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】オコエ桃仁花、人種差別的な誹謗中傷を訴える! リアルな“ヘイト発言”に泰然と対応「心が麻痺するくらいなれたよ」

【関連記事】バスケ女子日本代表がW杯メンバーを発表!東京五輪銀メダリスト6人に渡嘉敷ら新戦力が加入<DUNKSHOOT>

【関連記事】町田瑠唯のWNBA1年目は全試合出場で平均2.6アシスト。ミスティックス指揮官は「ルイはシーズンを通じて成長した」<DUNKSHOOT>
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング