専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

レブロンに関するタンパリングでヒートのライリー球団社長に罰金約270万円…元“スリーキングス”の2人が反応<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.06.11

 一方のウェイドは、今年4月にユタ・ジャズのオーナーシップグループに加入した立場もあり、ボッシュに比べると控えめながら、ヒートのカルチャーを踏まえてコメントした。

「パット・ライリーはドレスソックスに2万5000ドルを忍ばせている(笑)。ユタ・ジャズが罰金を科されるのを避けるために、『パット・ライリーは自分が思った通りに行動している』とだけ言っておこう。マイアミは常に将来を見据えて一歩先を進んでいる。チャンピオンシップをどのように争うかをね。マイアミにとってはチャンピオンシップが重要な目的だ。パット・ライリーとフランチャイズは優勝パレードを覚えているんだ」
 
 ジミー・バトラー、バム・アデバヨ、タイラー・ヒーローといった中心選手を擁しながら、NBAファイナルに進出した昨季から一転、プレーオフ1回戦敗退の現実を突きつけられたヒート。レブロン復帰の可能性は別にしても、ライリー球団社長がチームの立て直しを見据えているのもごく自然な流れと言えるのかもしれない。

構成●ダンクシュート編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング