専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

“コーチ・イグダーラ”は毒舌?ウォリアーズの同僚曰く「本当に率直。聞きたくないことでも真実を述べてしまうんだ」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2022.05.30

 今季のウォリアーズには、アンドリュー・ウィギンズやジョーダン・プール、オットー・ポーターJr.など、主力のなかにもプレーオフ経験が浅い選手たちがいるほか、ジョナサン・クミンガとモーゼス・ムーディーはルーキーであり、若手もブレンドされたロースターを形成している。

 そんななかで、イグダーラは自らの経験と知識、コミュニケーション能力を駆使して、若手とベテランをつなぐ潤滑油として機能しているようだ。そんな大ベテランについて、ルーニーはこう話す。

「コーチとしての彼は、本当に率直すぎるね。彼は真実を口にしてしまうんだ。たとえそれが聞きたくないことであろうとね。僕は彼からたくさん学んだ。コートで一緒にいる時もね。このチームの選手たちに、些細なことや小さなことも教え込むという見事な仕事をしてくれた。ロッカールームでももの凄く大きな存在なんだ。このチームの皆にとって、彼は最高のリーダーなのさ」
 
 今年3月下旬、チームが黒星先行に陥っていた時のこと。トンプソンは背中を痛めていたイグダーラが戦列復帰できるかもしれないと会見で耳にすると、「おぉ。それは最高じゃないか。彼はもの凄くスマートでね。ディフェンスの時、常に正しいポジションにいてくれる。オフェンスでも同じさ。正しいプレーをして、クラッチショットを沈めることができる。それがアンドレ・イグダーラという男なんだ。(2015年の)ファイナルMVPであり、このフランチャイズにおいて非常に価値のある働きをしてきた。彼の復帰は大歓迎だね」とコメント。チーム内におけるイグダーラの信頼度の高さを物語る発言と言えよう。

 ファイナル期間中にイグダーラが復帰できるかどうかは現時点で微妙なところ。しかしもしコートへ立てなくとも、この男ならベンチやロッカールームで価値のある働きをしてくれると、選手たちとコーチ陣は確信しているに違いない。

文●秋山裕之(フリーライター)

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング