専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

パリ五輪のバスケ競技が直面する“会場問題”。仏代表選手たちが「こんな環境でプレーさせようというのか?」と猛反発<DUNKSHOOT>

小川由紀子

2022.07.16

 パリからはTGV(高速鉄道)なら1時間ほどで行けるため、250kmの距離はあまり気にならないが、交通費は高くつく。しかし実はここも、現時点ではハンドボールが使用する予定となっている。ただハンドボールは、女子も男子も昨年の東京五輪で金メダルを獲得したフランスの花形競技ゆえ、会場をパリに移す案が進行中。そのため「ここが空くならバスケットボールに」という“おこぼれ”的なアイデアなのだった。
 
 2024年のパリ大会は、コストを最小限におさえるため、美術館グランパレの中でフェンシング、エッフェル塔の下でビーチバレー、ベルサイユ宮殿で馬術など、既存の施設をスポーツ会場に使おうというのが目玉企画になっている。だが、運悪くバスケットボールは会場にあぶれてしまった形だ。

 ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)がフランス国籍を取得し、パリ五輪で代表デビューなるか?とも話題となっているが、それよりもまず、無事に会場が決まることを祈りたい。

文●小川由紀子

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング