専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

決定力はルーニー以上!ファン・ペルシを彷彿させるマンUの超新星が止まらない

田嶋コウスケ

2020.02.26

今シーズンにブレイクを遂げたマンUのグリーンウッド。ファン・ペルシを彷彿させる逸材だ。 (C)Getty Images

今シーズンにブレイクを遂げたマンUのグリーンウッド。ファン・ペルシを彷彿させる逸材だ。 (C)Getty Images

  天才少年だった。メイソン・グリーンウッドのサッカー人生は、いわば伝説とともにスタートしている。

 生まれ育ったブラッドフォード(イングランド北部でリーズの近郊)の地元クラブ「アイドル・ジュニアーズ」に入って初めての試合で、いきなり16ゴールを叩き出したのだ。地元紙が取り上げたほどの〝快挙〞だった。

 評判は瞬く間に広がり、噂を聞きつけたマンチェスター・ユナイテッドから誘いを受けて練習に参加すると、少年は両足を器用に使いこなし、華麗なテクニックを披露する。すぐに話がまとまり、アカデミーへの加入が決まった。
 
 その1年後、7歳の少年にさっそく目を留めたのが、現在のトップチームの監督、オレ・グンナー・スールシャールだ。当時を振り返ってこう語る。

「ちょうど現役生活を終えたころだった。8歳になる私の息子もアカデミーに通っていてね。そこで誰よりも輝いていたのがメイソンだった。よく覚えているよ。『一緒に写真を撮ろう』と、こちらから声を掛けてね。この子はプロになるだろうって直感したよ。本人もそう確信していたんじゃないかな」

 精鋭が集まるアカデミーでも、その才能は群を抜いていた。とにかく飲み込みが早かった。教えたことすべて2分もあれば完全に習得してしまったそうだ。

 常に飛び級で上の年代のチームに所属し、マンチェスター・シティから狙われたりもしたという。16歳でU-18チームに上がると、U-18プレミアリーグの17試合に出場して16ゴールをマークした。

 圧巻だったのが、7試合連続で計12ゴールを奪った固め打ちだ。これが2017-18シーズンで、翌18-19シーズンはU-18とU-23の両チームを掛け持ちしながら、U-18プレミアリーグで13試合・15ゴール、U-23のプレミアリーグ2で6試合・3ゴール、さらにUEFAユースリーグ(U-19版チャンピオンズ・リーグ)で5試合・5ゴールと快進撃が止まらない。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング