専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

復帰戦で勝利に貢献した本田圭佑を地元メディアが称賛!「彼はチームにとっての“安全な場所”」

THE DIGEST編集部

2020.10.09

4試合ぶりに戦線復帰した本田は、2列目の右でプレーした。(C)Getty Images

4試合ぶりに戦線復帰した本田は、2列目の右でプレーした。(C)Getty Images

 10月7日(現地時間)、ブラジル全国選手権(セリエA)第14節で、ボタフォゴはホームでパルメイラスを2-1で下した。

 この試合、左足首の捻挫により直近3試合で欠場していた本田圭佑が復帰。背番号4はキャプテンとして先頭でピッチに登場し、2列目の右側に就いた。

 前節、パウロ・アウトゥオリから指揮権を引き継いだブルーノ・ラザロニの初陣でフルミネンセに引き分けに終わるも、可能性を感じさせた新生ボタフォゴは、上位につけるパルメイス相手にも効果的なプレーを幾度も披露する。

 両者スコアレスで折り返した47分、本田が右サイドへボールを流すと、受けたケビンのグラウンダーでのクロスを、ペドロが合わせてホームチームが先制。さらに5分後、FKを相手GKがセーブしてこぼれたところをカイオが詰めて追加点を奪った。
 
 以降は守勢に回って77分にウィリアンのゴールを許し、さらに84分にもPKを献上したボタフォゴ。今季リーグ10回目の引き分けに持ち込まれるかと思われたが、GKカバリエリが見事にセーブし、リーグでは実に11試合ぶりに勝利を飾り、暫定ながら(20チーム中)15位に浮上、降格圏内を抜け出した。

 74分にピッチを退いた本田の、地元メディアの評価は軒並み高い。『LANCE!』は「彼の登場で、ボール回しが大幅に改善された。彼はボタフォゴにとっての“安全な場所”である。全てのプレーは背番号4を経由する。これにより、チームはパルメイラスのプレッシャーを受けても、ボールを保持できた」と称賛している。

 また、『globo.com』は「怪我から回復した日本人は、チームに組織力をもたらした。彼は守備のタスクを減らされ、創造性を発揮できる自由を与えられた」と綴り、得点者2人、PKを防いだ守護神とともに、「良いプレーを見せた」と評価した。

 復帰戦を勝利で飾った本田は、自身のSNSに「重要な勝利。サポートありがとう」と投稿。ファンからは「おめでとう!」「ありがとう!」「ベスト」「FKは他の選手じゃなく君が蹴ってくれ」など、様々なメッセージが書き込まれた。

 浮上の兆しを見せたボタフォゴは次節、11日に敵地でスポルチ・レシフェ(暫定8位)と対戦する。

構成●THE DIGEST編集部

【画像】「重要な勝利。サポートありがとう」本田圭佑が投稿したパルメイラス戦の写真とメッセージ
NEXT
PAGE
【画像】「重要な勝利。サポートありがとう」本田圭佑が投稿したパルメイラス戦の写真とメッセージ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング