専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「まるで機械だ」CLでの南野拓実をクロップ監督が称賛!一方で英メディアは「有用な存在」「説得材料に欠ける」と賛否両論

THE DIGEST編集部

2020.10.22

CLのアヤックス戦に途中出場した南野。クロップ監督は一定の評価を与えた。(C)Getty Images

CLのアヤックス戦に途中出場した南野。クロップ監督は一定の評価を与えた。(C)Getty Images

 10月21日(現地時間)、チャンピオンズ・リーグのグループステージが開幕。グループDでは、リバプールが敵地アムステルダムでアヤックスを1-0で下し、白星スタートを切った。

 35分にサディオ・マネが相手DFのオウンゴールを引き出して先制するも、後半はややペースダウンしたため、ユルゲン・クロップ監督が早々に動く。そして59分、南野拓実がディオゴ・ジョッタ、ジェルダン・シャキリとともに、モハメド・サラー、マネ、ロベルト・フィルミーノの「フロントスリー」に代わって前線に立った。

“偽9番”として精力的に動きながらビルドアップに絡んだ南野は、自ら惜しいシュートで相手GKを脅かすなど、アウェーチームの攻撃を活性化。追加点をもたらすことはできなかったものの、敵地での勝点3獲得に少なからぬ貢献を果たした。

 試合後、彼についてクロップ監督は「信じられない。彼は機械のようだ。ピッチ上のどこにでも現われるんだ」と語り、その働きを称えている。

 一方、英メディアの日本人選手に対する見方は賛否両論といったところだ。

 リバプールの地元紙『Liverpool Echo』は「セーブされたものの強いシュートを見せた。そしてアヤックスがプレスをかける中で、有用な存在となった」と綴り、採点は及第点の「6」をつけた。
 
 リバプールの専門メディア『ROUSING THE KOP』は「タキは衝撃的であり、創造的。彼がボールを持つと、攻撃の起爆剤となった。スタメンに値する」と称賛し、採点でも「8」という高い値を与えた。ちなみに、同じポジションのレギュラー、フィルミーノへの評価は「5」だった。

 同じく専門メディアの『THIS IS ANFIELD』も「7」の高採点で、「スペースを見つけ、良いリンクアップを見せた」とするも、「ゴールを挙げるべきだった」と注文をつけることも忘れていない。

 対して、辛めだったのは『EXPRESS』で、「5」をつけたこの日刊紙は寸評で、「もっと出場時間を増やすようクロップ監督を説得できるようなプレーはあまり見られなかった」と記している。

 他では、日刊紙『Mirror』は「6」、同国のサッカー専門サイト『90min』は「5」など、及第点に近い評価が多かった。

 ちなみに、ほとんどのメディアが最高評価を与えたのは、CBのファビーニョ。負傷離脱した守備の要フィルジル・ファン・ダイクの代役として最終ラインに立った本職がMFのブラジル人は、鉄壁の守りを見せたことで絶賛された。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング