専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

メッシが“友人”ネイマールにパリSGでのプレーを希望したと海外メディア。その去就にはブックメーカーも注目!?

THE DIGEST編集部

2021.01.10

メッシ(写真)とネイマールは、個人的に連絡を取り合っているという。(C)Getty Images

メッシ(写真)とネイマールは、個人的に連絡を取り合っているという。(C)Getty Images

 昨夏、バルセロナからの退団を宣言してサッカー界に激震を起こして以降、リオネル・メッシの去就には、常に世界中から注目が集まっている。

 先月、スペインのテレビ局『La Sexta』の単独インタビューで1月での移籍を否定、今後については「シーズン終了後に考える」と語っていたが、ブラジルのジャーナリスト、チアゴ・アスマールによると、メッシは元バルセロナのチームメイトで、現在はパリ・サンジェルマンでプレーするネイマールに「パリSGに移籍したい」と伝えたという。

 これは海外の複数のメディアが報じたもので、アスマール記者によると、2人は今でもバルサ時代同様に親密な関係を保ち、ビジネス通信アプリ「WhatsApp」で定期的に会話しており、その中でメッシがパルク・デ・プランスでプレーすることを望んでいると語ったとされている。

 ネイマールは先月、アメリカのスポーツチャンネル『ESPN』に対して、「僕が何より望むのは、メッシと再び一緒にプレーすることだ。来季こそは実現しなければならない」と希望を明かしており、この時も様々な憶測を生み出していた。

 また、パリSGはトーマス・トゥヘル監督を解任し、マウリシオ・ポチェティーノを後任として招聘。このアルゼンチン人智将は、就任後の初会見で「どんな大物選手でも、このクラブでは歓迎される」とコメント。「まだ何も話していない」として具体的な動きはないとしながらも、同郷のクラック獲得の可能性を否定してはいない。
 
 メッシといえば、その新天地候補として、恩師ジョゼップ・グアルディオラが指揮するマンチェスター・シティが最有力とされているが、この金満クラブでさえも、財政面の事情が高いハードルになっていると伝えられている。

 そんな中、スポーツベッティングに関する専門メディア『Agipronews』は、マンチェスター・Cがケビン・デ・ブルイネとの契約交渉で選手側の希望を大きく下回る額を提示したことに着目し、この理由のひとつに「メッシ獲得の資金の確保」を挙げた。

 また、メッシの移籍先としてブックメーカー「SNAI」によるマンチェスター・Cのオッズが1.85倍から2.25倍となったのに対し、パリSGは5.00倍から4.50倍に変動したことを報じ、パリSGの可能性が上昇していることも伝えている。

 前述のインタビューで、メッシはバルサで厳しい時期を過ごしていたことを明らかにしながら、それを乗り越えて「現在はタイトル獲得に集中している」とし、実際にピッチ上での調子も上がってきているが、心の中では今季限りと決意しているのか。それを人々が知るのはまだ先のことだが、それまで彼の去就にまつわる様々な話題がサッカー界を賑わせるに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング