専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

アーセナルの冬の補強は?英メディアが3人の「センセーショナルな補強」を紹介。冨安健洋の代役探しも

THE DIGEST編集部

2021.11.16

冨安の評価は高い。求められているのは、彼のバックアップ探しだ。(C)Getty Images

冨安の評価は高い。求められているのは、彼のバックアップ探しだ。(C)Getty Images

 今季、プレミアリーグでは開幕3連敗で単独最下位という最悪のスタートを切ったアーセナルだが、移籍市場最終日にボローニャから加入した冨安健洋ら複数の新戦力を迎え入れた結果、チームは劇的に改善され、そこから現在まで公式戦10試合で無敗(8勝2分け)、リーグでは欧州カップ圏内の5位まで上昇した。

 首位チェルシーとは勝点6差で、開幕時とは一転してリーグ優勝すら現実的な目標となった「ガナーズ」。3連敗からの急浮上の要因は、右SB冨安の他、GKアーロン・ラムズデイル、CBベン・ホワイト、左SBヌーノ・タバレスといった新加入選手が、CBガブリエウ・マガリャンイス、左SBキーラン・ティアニーと好融合したことで守備陣が安定したことが大きいといわれているが、一方で中盤、前線では幾らかの補強が必要な状況だ。

 英国の日刊紙『Daily Mirror』は、「夏にプレミアリーグのどのクラブよりも多い計1億5000万ポンド(約230億円)を費やした際には嘲笑を浴びたアーセナルだが、ラムズデイル、N・タバレス、アルベール・サンビ・ロコンガ、そしてトミヤスら全ての新加入選手が見る者に感銘を与え、チームが急激な改善を遂げた後、笑ったのはミケル・アルテタ監督だった」と、夏の補強が大成功したことを強調するとともに、「まだチームの再建は完了していない」として、レアル・マドリーのFWルカ・ヨビッチが新戦力の候補だと報じた。
 
 同メディアは、フランクフルトで頭角を現わしてマドリーに引き抜かれるも、ここまで本領を発揮できていない23歳のセルビア人FWについて、スペインのスポーツ紙『AS』の「ヨビッチがサンチャゴ・ベルナベウを後にし、アーセナルへ移籍することに同意した」との報道を引用し、アレクサンドル・ラカゼット、エディー・ヌケティアが今季で退団する可能性あるガナーズにとっては、「ヨビッチは完璧なターゲットになる可能性がある」と綴っている。

 マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督はヨビッチ放出に否定的とのことだが、同メディアは「マドリーでは今後も長く、カリム・ベンゼマの後ろに位置し続けることになることが予想され、アーセナルへ移籍することでそのキャリアを再開することができるだろう」と、この移籍の有効性を主張した。
 

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング