専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
海外サッカー

「危機打開の希望だ」久保建英の復帰に現地メディアが反応!およそ2か月ぶりのプレーは「もっとハードなトレーニングが必要だ」

THE DIGEST編集部

2021.11.28

戦列復帰を果たした久保。コンディションを上げて、苦しむチームを救いたい。(C)Getty Images

戦列復帰を果たした久保。コンディションを上げて、苦しむチームを救いたい。(C)Getty Images

 現地11月27日、リーガ第15節、マジョルカ対ヘタフェの68分、途中交代で久保建英がピッチに立った。9月22日のレアル・マドリー戦で右膝を負傷して以来、およそ2か月ぶりの公式戦の出場だ。

 久保は主に右サイドをで細かくボールを叩きながら、83分にはセンターライン付近から長い距離をドリブルで駆け上がるなど、攻撃面で迫力のある動きを見せた。

 だがチームは相手ゴールを割ることができず、結果はスコアレスドロー。7試合ぶりの勝利はならなかった。

 久保の復帰は地元メディアでも大きなニュースとして取り上げられており、スペイン紙『MARCA』では、「クボ、2か月振りに再登場」と銘打った記事を掲載し、ヘタフェ戦でのプレーを伝えている。

 同メディアは「日本人スターは怪我がなければ、ピッチ上でリーダーになるはずだった」として、今季のチーム内での重要性について述べており、さらに「マジョルカにとって、危機を打開するための希望となっている」として、久保の復帰がチームとしてポジティブな要素だと綴っている。
 
 ただ、復帰戦となった今節のプレーについては「この試合での彼の役割は試練だった。タケだけでなく、マジョルカ全体にとって厳しいものとなった」とヘタフェのディフェンスや、激しいチェックに苦しんだと指摘。さらに、「彼にはもっとハードなトレーニングが必要だろう」と、今後についても言及した。

 また、「直近21試合でわずか5ポイントしか獲得できていない」というマジョルカの現状が極めて厳しいとした上で、「タケにとって次のチャレンジは、誰からも信頼を得られる特別なリーダーになること」と、苦しいチーム状況の中で目指すべき役割を述べている。

 記事では他にも、韓国人プレーヤー、イ・ガンインの奮闘ぶりもフォーカスしており、「タケとのコンビは最高に面白い」「アジア人の吸引力には大きな注目が集まっている」と、久保とともにマジョルカの中心選手であることを強調した。

 スペインメディアも関心を寄せるマジョルカのアジア人コンビ。二人の連携がさらに高まったとき、チームも浮上のきっかけを掴めるだろう。いずれにせよ、復帰を果たしたばかりの久保ではあるが、課せられる責任は決して軽くはない。次の公式戦である国王杯や次節のリーグ戦での動きが注目される。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング